ナガサキアゲハ(♂)の吸水

2009.09.23(Wed)

昨日アップした、マユタテアカネの交尾・産卵 の記事と同所・ほとんど同時刻です。大きな雄のナガサキアゲハ が舞い降りてきて、吸水を始めました。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090920 千葉市若葉区)


吸水のスタイルは、今までに取り上げた、クロアゲハカラスアゲハ の吸水と同じです。動画でご覧ください。


script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=xus52qg75nW:bhae:Np:da:07z6HKiwflVPEf7/xmLaqdeQQogKJUd:Dx/P:xt:PO:YU//kdEgVBXOGhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray 

(20090920 千葉市若葉区)


吸うにつれて、お尻から同時的に排泄もしているのが見てとれます。まことに効率的かつ直截的な体内リフレッシュです。


雄は、雌とは異なり翅の表側に模様がなく、艶やかなブルーブラックです。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090920 千葉市若葉区)


南方系のチョウであるナガサキアゲハの分布北限は、戦前には中国地方東部にすら達していなかったようです。それが、八十年代には大阪に、そして二十一世紀初頭には都内にまで進出し、現在も北関東にじわじわと広がりつつあるのです。ことによるといずれ遠からず、東北地方にその生息域を広げていく日が来るのでしょうか。東南アジアの熱帯雨林を飛び回っていたチョウが、日本の東北地方に生きられるようになる。そんな日が来るとしたら、それには一体、どのような物事が付随してくるのでしょう?


▽ナガサキアゲハの過去の記事はこちら からどうぞ(携帯からは正常に表示されない場合があります)

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

21:24 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

みっち #79D/WHSg

1. 立派な


ナガサキアゲハですね。
ふと思ったんんですが、温暖化で北上するのって不思議だなって。。。より暖かいところを目指すならその場にとどまるか、むしろ南下すべき。このチョウはちょうどいいところを求めていたら北上しちゃったのかなと^^;;黒いぶん、実はそんなに暑いの好きじゃなかったりして^^;;;
吸水って身体の温度調整?

2009.09.24(Thu) 07:43 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:立派な


>みっちさん
魚やチョウなどには「死滅回遊」という行動を行なうものがあります。暖かい季節の間に北上し、越冬限界点より北で成虫が産んだ卵は冬を越せないのですが、それでも毎年北上を繰り返していくという・・・。生息範囲を広げようとする本能なのでしょうか。不思議ですね。

吸水は体温調節&水分・ミネラルの補給みたいです。

2009.09.24(Thu) 10:53 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑