オオスズメバチ、柿の実に集まる

2009.09.27(Sun)

さらにお彼岸は続き、23日には母方の墓参りに行ってきました。


従兄と二人で母の実家の裏を歩いていると、落ち柿に一匹のオオスズメバチ がぶーんとやってきました。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090923 長生郡長柄町)


ほどなくもう一匹やってきて、一匹が二匹に、



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090923 長生郡長柄町)


そして二匹が三匹に。見る見るうちに増えていきます。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090923 長生郡長柄町)


新しいのが来ると、顔を突き合わせて口移しのような動作で挨拶を交わしています。それが妙に可愛らしく、世界最強クラスの昆虫であるということをつい忘れそうになります。


ちょうど三匹めが現れたあたりの動画です。冒頭から冷静に解説しているのが私の従兄の声、「うわーどんどん来るよ」などとややビビってるのが私の声です。揃って「挨拶挨拶」とか言ってるのはあまり気にしないでください。



このとき、カメラとハチの距離は50cmくらい。私が動画を撮っている隣では従兄も携帯でカシャカシャと写真を撮っていました。うちの一族はだいたい平気でそういうことをしますが、秋にはオオスズメバチの活動が活発化し、場合によっては危険なこともあります。ご注意くださいませ。特に、巣に対して刺激を与えるとしばらく緊張状態が続きます。


テレビなどでは、通常、スズメバチが出た→駆除、というような平面的な取り上げられ方しかしません。スズメバチはイモムシを大量に狩り、農業害虫の発生を抑えるという人間にとっても益虫の側面を持ち、生態系の中で上位捕食者として重要な役割を担っています。スズメバチは怖いものです。確かに、家屋内に巣を作った、というような場合は駆除もやむなしでしょう。しかし、いかなる場合もスズメバチは人身にとって危険だから全部駆除しなければならない、というような論理は、あらかじめ固定化された状態で付与されたイメージを思考停止的に受け入れることによって帰結された、ある種幼稚なものだと私は思います。



▽オオスズメバチの過去の記事はこちら からどうぞ(携帯からは正常に表示されない場合があります)

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハチ目

18:44 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

うりゅう #79D/WHSg

1. ハチ


こんにちわ
僕の地方では蜂を食用にするので馴染み深いです
それだけに駆除のニュースを聞くと悲しくなります
スズメバチ類の事をよく観察すれば
紅葉を楽しめるのもスズメバチ類のおかげ
毛虫芋虫を集める能力は素晴らしいものがあります

ギアの一つが欠けても自然界は回りません
人間もその一つであることを忘れてしまったんでしょうか
付き合い方を知れば危害は加えられないのですが
そういう伝統も無くなりつつあるのでしょうね

2009.09.27(Sun) 19:52 | URL | EDIT

ごんた農場 #79D/WHSg

2. 首にとまっても


これまでに2度、スズメバチに首にとまられたことがあります。(@_@)
生きた心地がしませんが、
植物になったつもりで、じ~っとしていたら、飛んでいきました。
こちらが危害を加えなければ、攻撃しないんですよね。(^-^)

2009.09.28(Mon) 06:16 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:ハチ


>うりゅうさん
コメントありがとうございます。
以前、伊那地方の友人から、「給食にハチの子が出た」という話を聞かせてもらったことがあります。

おっしゃる通り、昔から人の営みと関ってきたハチなのに、最近は取り上げられれば駆除の話ばっかり。「みんなで一緒に生きていく」という感覚を、今の人たちはなくしてしまっているのでしょうか・・・

2009.09.28(Mon) 18:04 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:首にとまっても


>ごんた農場さん
首にとまられるとかなりビビリますね(笑)。
私も、首の後ろに何か虫がとまったのを何気なくつまんで(カナブンかなんかだと思った)ポイと放ったらスズメバチで、仰天したことがあります。

むこうが興奮していたり、出会い頭の事故的なものでもなければ、そうそう野外で刺されることはありませんよね。相互不可侵で付き合いたいですね(^-^)

2009.09.28(Mon) 18:07 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
67位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑