ハクビシンの幼獣(死体)

2009.10.01(Thu)

その死体は土曜の早朝、近所のお宅の庭に転がっていました。

「イタチじゃないしモグラじゃないし・・・これは何でしょうね?」


朝起きたら見たことのない獣が庭で死んでいたら、誰だって不安になると思います。これは、ハクビシンの幼獣です。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090926 千葉市若葉区)


朝六時の段階ではまだ柔らかく、死後ほとんど時間が経っていないようです。目立った外傷はありません。自然死でしょうか。それともネズミ捕りの毒でも食べたのでしょうか。計測してみると、



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090926 千葉市若葉区)


頭胴長が20cmちょっとなのに対し、体重は315gほどとスマートです。成長したハクビシンは頭胴長50cm、体重3kgあまりになります。猫なみの大きさというわけですが、尻尾がたいへん長く、脚が短いので全体のプロポーションはよほど異なっています。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090926 千葉市若葉区)


鼻筋が白いのが、「白鼻芯」の名の由来です。足の指は前後とも五本。


ハクビシンはジャコウネコ科の動物です。戦前に中国から毛皮目的で輸入されたものが逃亡し、拡散した外来種とされることが多いものの、在来種ではないかという声も根強くあります。手元にある保育社刊の「原色日本哺乳類図鑑」にも、明治時代から捕獲されていたとの話もあり真相不明である旨の記述があります。ついでに付け加えると、日本産のハクビシンの頭骨は、大陸産のものとは大分、相違があるようなのです。


たびたび家族のことを書くのもなんですが、私の母が少女時代、既に母の実家近辺で「ハクビシンが天井を歩いてうるさい」という話を聞いたことがあったそうです。家に帰った母が祖母に「ハクビシンって何?」と訊ねると、祖母は「テンみたいなものだよ」と答えたそうです。確かに千葉県にいる獣の中で、大きさや形の点で比較的似ているのはテンでしょう。


この話からわかることは、少なくとも1950年代初めには房総半島中部に既にハクビシンが生息していたこと、そういう獣がいることもそれ以前から知られていたこと、しかしその生息数は多くなかったということです。だとするとハクビシンが1940年以降に初めて日本に移入されたという話は、額面通りに受け取るのが疑わしくなってきます。


現在、母の実家近辺には多数のハクビシンが生息して農業被害も出ており、現在では千葉市内にもそれこそ各所に出没しているようです。もっぱら害獣として扱われることの多いハクビシンですが、私はこの獣がいつから、どのようにして日本に、あるいは千葉にいるのか、ちょっと興味があります。この項を読んだ皆様の中で、お住まいの地域のハクビシンの現在と過去の生息状況について(言い伝え程度のことであっても)情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、どうぞコメントを下さるか、


inaka_jikan@yahoo.co.jp


までメールを頂ければたいへん幸いに存じます。


なお、この後、写真の死体は畑の隅に埋葬しました。合掌。


☆☆☆


生き物図鑑コラム を更新しています。(携帯からは正常に表示されない場合があります)

関連記事
スポンサーサイト

Category: 哺乳類

19:55 | Comment(6) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

みっち #79D/WHSg

1. 私は見たことないんですが・・・


最近近所で増えてきているという話を聞いたばかりです。
農作物の被害もタヌキではなくハクビシンのほうがはるかに多そうだと農家の方が話していました。
友達の家の庭にも出没するとか。
かなり大胆な性格なんでしょうかね?

2009.10.01(Thu) 20:59 | URL | EDIT

ごんた農場 #79D/WHSg

2. 在来の?


ウチのあたりにもハクビシンはたくさんいて、トウモロコシやスイカが食い荒らされます。
ハクビシンが在来種と言う話は始めて聞きました。(ノ゚ο゚)ノ

2009.10.02(Fri) 05:04 | URL | EDIT

スモール #79D/WHSg

3. はくびしん


いまは神崎町に住んでます。このあたりで畑の害獣と言えばハクビシンのようです。屋根裏に巣を作られて糞害に悩まれた話も聞きました。
成田ニュータウン近くの里山の上にある畑でも見かけました。狸だと思っていましたがこちらの写真を見るとあれはハクビシンのようです。
写真を見て思い出したのは、手塚治のきりひと賛歌でした。

2009.10.02(Fri) 14:32 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:私は見たことないんですが・・・


>みっちさん
ハクビシン、北総地域でもどんどん増えてきているようですね。
人家の天井に巣を作ったり、かなり大胆なことは間違いないらしいです。被害もこれからもっと深刻な問題になりそうですね。

2009.10.02(Fri) 17:45 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

5. Re:在来の?


>ごんた農場さん
頭が入れるところなら入っちゃうので、ネットを張っていても破れ目から侵入する上、甘い果物や野菜を好むという・・・。こちらでも90年代以降、すごく増えたのは確実なようです。江戸時代の「雷獣」がハクビシンのことだという説もありますね。

2009.10.02(Fri) 17:48 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

6. Re:はくびしん


>スモールさん
佐倉や成田で増加中という話は聞いていましたが、神崎町でもすっかり定着しているのですね。上総地域には近年、アライグマまで増えているみたいです。いずれこっちに来たらハクビシンより厄介な感じ。

モンモウ病、確かに(笑)。

2009.10.02(Fri) 17:51 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
826位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
78位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑