ウシガエル@泉自然公園

2009.10.05(Mon)

近年、泉自然公園 で目につくカエルというと、アマガエル がまあ普通におり、あとは繁殖期にアズマヒキガエル が姿を現すくらいで、とにかく池という池に大量のウシガエル が生息しています。とりわけ谷津の奥にあたる「蓮池」「湿性植物園」「上の池」などでは、池のそばを歩くと「ウッ」とか「キュッ」とかいって岸辺から水に飛び込む大小のウシガエルが尋常ではない数です。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20091001 千葉市若葉区)


大柄な個体の中には、体長20cmほどに成長する化け物のようなのもいます。鼓膜が大変に大きいのも特徴のひとつで、雄ではこの写真のように眼より遥かに大きく、雌でも眼と同じほどあります。


ウシガエルというのはとにかく口に入れば何でも食べるカエルで、解剖しようと腹を裂いたら胃の中からカワセミ が出てきた・・・なんていう恐ろしい話も聞いたことがあります。自然公園内で動物の捕獲・採集はもちろん禁止なのだけれど、ことウシガエルに関しては、在来種、生態系そのものに与える影響ということから考えてもそろそろ何とかした方がいいのじゃないのか、と思えてなりません。いっそ捕獲して食用として販売し、売り上げは公園の維持管理費の一環に・・・なんてのはダメでしょうかね?



▽ウシガエルの過去の記事こちら からどうぞ(携帯では正常に表示されない場合があります)

関連記事
スポンサーサイト

Category: 両生類

20:14 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

みっち #79D/WHSg

1. そんなにいるんですかぁ


それは凄いですね(>_<)
お腹の中からカワセミというのも驚きです。
いっそのこと焼き鳥ならぬ焼き蛙でも売って名物にしちゃってもいいかもしれませんね。
生態系破壊し過ぎな気がします。

2009.10.05(Mon) 20:52 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:そんなにいるんですかぁ


>みっちさん
ミシシッピアカミミガメとウシガエルは、ほんとになんとかした方がいいんじゃないかと思います。昔はイシガメもいたんですが・・・

焼き蛙、もしうまくいけば全国で追随者が出たりして(笑)。

2009.10.06(Tue) 17:29 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑