ケラ

2009.10.10(Sat)

台風一過の青空の下、ケラが一匹、農道を横断していきます。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20091008 千葉市若葉区)


なんとこう見えてもバッタ目の一員で、コオロギなどの親類に当たるのです。体長は通常、3cmくらいですが、この個体はもう少しありそうです。この太く逞しい前肢で穴を掘って暮らす地中生活者で、空も飛べ、泳ぎもなかなかうまいです。以前、コシマゲンゴロウ を「水・陸・空と制覇するSF兵器のような生き物」と紹介したことがありますが、ケラはそれに加えて地中をも制覇しているという、さらにすごい虫です。


しかし、それだけいろんなことができても、やはり人為的な環境改変にはかないません。悲しいことにこのケラもまた、「子供の頃の記憶から、たくさんいるとばかり思っていたのに、実際にはすごく減っていることがわかった」生き物のひとつです。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20091008 千葉市若葉区)


私のナイキにもぐろうとしています。無理だってば!



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20091008 千葉市若葉区)


何とか渡り終えると、けっこうなスピードで地中に消えていきました。よく「ミミズの鳴き声」と言われる「ジー」という声は、実はこのケラの声です。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・バッタ目

17:13 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

青菊 #79D/WHSg

1. おけら


♪ミミズだってオケラだって
って歌のオケラはこれですか?
本当に目撃したことがありません。
昔の日本には普通にたくさんいたのでしょうね。
こういう末端の生きものが少なくなるのは生態系が崩れているんでしょうか。
ちょっとこわいですね。

2009.10.11(Sun) 00:46 | URL | EDIT

みっち #79D/WHSg

2. 実は・・・


私もオケラの記事を書こうと思っていました^^;;;
どうも同じような生き物に出会っているようですね^^
結局ニッポンマイマイもオケラも書かずじまいですが^^;;;;;

子供の頃はオケラがもっと大きく、モグラの仲間だと思っていました。手の平にいっぱいになってた記憶が・・・。オケラが大きかったんじゃなくて、自分の手が小さかったんですね^^;
ジーって鳴いてるのをミミズだと思うって・・・
そう思ってる人がいるのは知っていましたが、もし本当にミミズが鳴いたら釣具屋さんとかうるさくなるって気付かないのかしら?堆肥の近くとかうるさそうだし。。。

2009.10.11(Sun) 11:35 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:おけら


>青菊さん
そうです、これがそのオケラ。おそらく、地中の虫ということでミミズと並べられたのかもしれませんね。
昔は畑にも畦にも掃いて捨てるほどいたのですが・・・。ある程度、こういう小動物の生息を許す農業であって欲しいと思います。

2009.10.11(Sun) 20:05 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:実は・・・


>みっちさん
家もわりあい近そうですし、季節によって結局、同じような生き物と出会うことになるのかもしれませんね^^;

>本当にミミズが鳴いたら釣具屋さんとかうるさくなるって気付かないのかしら?

大笑いしてしまいました。ミミズの鳴き声でうるさい釣具屋。想像するだけでおかしいです。

2009.10.11(Sun) 20:06 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
67位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑