DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ツクバトリカブト

十月も残りあと一週間。めっきり涼しくなってきました。雑木林の中の小道で見つけたのは・・・



DAYLIGHT RAMBLER  

(20091025 千葉市若葉区)


ツクバトリカブトです。


トリカブトといえば言わずと知れた猛毒植物。だいたいにおいてキンポウゲ科の植物はほとんど有毒ですけれど、古来から毒矢に用いられ、近年でも保険金殺人等にまで使われるのはこのトリカブトくらいのものでしょう。毒は根に多く含まれ、その主成分はアルカロイドの一種、アコニチンで、解毒剤は現在でも発見されていないため、致死量以上に服用してしまうと助かる見込みは薄いそうです。もっとも、地域によって毒性に差があり、場所によってはほとんど毒性のないものもあるとか。一方で、毒になるものは薬にもなり、漢方の世界では減毒加工を施した上で薬用としても使われてきた歴史も。


有名な狂言の演目で「附子(ぶす)」というのがあります。主人が太郎冠者と次郎冠者に「この桶には附子という毒があるから気をつけろ」と言って出てゆくものの、実際には桶の中身は砂糖で、二人はそれを全部舐めてしまい・・・というお話ですが、その附子というのは、このトリカブトの根から作製した毒なのです。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20091025 千葉市若葉区)


舞楽で使う「鳥兜」に由来する、この特徴的な花は一度見れば他のものと間違うことはないでしょう。にもかかわらず誤食による事故が後を絶たないのは、葉がヨモギやゲンノショウコ、ニリンソウなどと似ているせいです。若芽の季節には十分に注意しましょう。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/10/25 19:06 ] 山野草 | TB(-) | CM(4)
1. /・・ありましたね~

おはようございます!
とりかぶと使った保険金詐欺・・恐ろしいこと考え
てももう1人の自分が静止するのが人間なんですがね!
[ 2009/10/26 07:02 ] [ 編集 ]
2. 生け花

生け花で使われているのは毒性が低い品種なんですね。

図鑑で見たときは「毒がある花をわざわざ行けなくても…」と思いましたが、写真を見て納得しました。
きれいな花ですね。
[ 2009/10/26 12:32 ] [ 編集 ]
3. Re:/・・ありましたね~

>りょうちゃんさん
こんばんは!
誰でも物騒なことを考えることはありますが、実際にやってはいけませんよねえ。トリカブトも、殺人に用いるより花を眺めて楽しみたいものですね。
[ 2009/10/26 17:38 ] [ 編集 ]
4. Re:生け花

>青菊さん
「ハナトリカブト」ってありますよね。
トリカブトの仲間はいろんな種類があって、花や葉にも様々あるそうです。
実物は私の写真よりもっと綺麗ですよ!
[ 2009/10/26 17:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。