ハクセキレイ@平川幹線排水路

2009.10.27(Tue)

トラクターで田んぼを耕したあとには、掘り起こされたミミズや昆虫が地表近くまで出てきています。そこで、それを狙ってハクセキレイ が集まってきます。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20091027 千葉市若葉区)


千葉市では他にセキレイ科の鳥としてはセグロセキレイ、キセキレイ、季節によりビンズイやタヒバリなどが見られますが、様々なシチュエーションで一年を通じて一番よく見られるのは、やはりハクセキレイです。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20091027 千葉市若葉区)


人工的な環境にもかなり適応しており、カラスやスズメと同様、都市部でも見かける機会の比較的多い鳥です。街中の公園とかで出会うハクセキレイは人を恐れず、平気で近寄ってきたりするケースもしばしばです。しかし、田園地帯で出会うハクセキレイは往々にして警戒心を残していることが多く、近づけばきちんと逃げる傾向がある程度はあるように思います。そのあたりもまたカラスやスズメと同様で、鳥の世界にも都市には都市の、田舎には田舎の生き方というものがあるのでしょう。



▽ハクセキレイの過去の記事はこちら からどうぞ(携帯では正常に表示されない場合があります)

関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

18:40 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑