ドジョウ

2009.11.04(Wed)

えー、ドジョウです。どうじょう。←完全無欠のオヤジギャグ



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20091031 千葉市若葉区)


日本全国の田んぼや湿地に普通に生息・・・していたはずのドジョウ。しかし今では日本全国の小学生で、野生のドジョウを見たことのある子は少数派でしょう。その減少の原因の最たるものは、やはり圃場整備だと思われます。田んぼと水路の間に高低差ができ、産卵のために田んぼに上がることができなくなったこと、そして水路自体も直線的なコンクリートの三面張りとなり、ドジョウの大好きな、泥の体積した流れの緩やかな水底がなくなってしまったことなどにより、現在の標準的な田んぼはもう、ドジョウの生息地としてそれほど好適ではなくなってしまっているのです。

この写真のドジョウがいたのはコンクリートの集水マスですけれど、底に泥がたまっていて、また土管を通してですが、土水路のある小さな谷津田から常に天然の水が流れ込んでおり、常時数匹のドジョウがいます。ドジョウにとっては、砂漠の中のオアシスのような場所なのかもしれません。いくら「ドジョウにとって」とは言え、田んぼを砂漠に例えることには罪悪感と辛さがあるのですが。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 魚類

11:08 | Comment(8) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

花立毛鈎工房 #79D/WHSg

1. 無題


田の生物はすべて農薬の影響で減少、
そんな感じで、単純に、
ステレオタイプで捉えていましたが、
奥が深いのですね。
我が家周辺は大農業地帯なので
小川の生き物も気になるところです。
毛鈎釣りが趣味なので、
魚の記事も大歓迎です!!!!

2009.11.04(Wed) 19:57 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:無題


>花立毛鈎工房さん
圃場整備による環境改変は農薬の問題とともに生き物に大きな影響を与えています。その土地によっても様々な問題があると思います。

何となく今まで魚が出てこなかったんですけど、これからは少しずつ出てくるかと思います。間違いなど気づきましたらどうかご指摘お願いします。

2009.11.05(Thu) 17:12 | URL | EDIT

青菊 #79D/WHSg

3. 泥中の蓮


泥中の蓮という言葉があって、泥は汚いものの代名詞みたいに書かれますが、ドジョウのように泥がないとつらい生き物がいるんですね。
実際の泥は栄養がたくさんあって、微生物もたくさんいるイメージですが、田んぼが泥んこだとあまり良くなかったりするのですか?
それとも整備されたから泥がなくなっていったのですか?

2009.11.05(Thu) 18:34 | URL | EDIT

ごんた農場 #79D/WHSg

4. 飛び出すどじょう


数日前まで住んでいた埼玉県の小川町では、
ウチの前の川にドジョウがたくさんおりました。

近所のおじさんが、娘にくれたのを2匹育てておりましたが、ある日水槽から1匹消えました。

なぜ消えたのか、ずっと謎だったのですが、
ある時、2匹目が玄関に落ちているのに気がつきました。

水槽の上にあるいっぺん2センチくらいの穴から飛び出したとしか思えません。

驚きです。

残念ながら、ドジョウは既にお亡くなりになっていましたので、庭に埋めました。

ドジョウ、おそるべし

2009.11.06(Fri) 04:46 | URL | EDIT

スモール #79D/WHSg

5. ドジョウ


ドジョウがいる田んぼって楽しいです。
うちの先生の田んぼにはたくさんのドジョウがいて、きつい作業をしていても、ドジョウを見ると気持ちが和みます。

子供達が田んぼで遊ぶ姿を、めっきり見かけなくなったのは、管理教育のせいかと思ってましたが、コンクリ張りの水路や基盤整備されて画一化されたのっぺりした風景と、もはや生き物がいないことなど、子供をひきつけるだけの魅力を田んぼが失ってるせいかもあるかと、ドジョウの記事を読んで考えました。



2009.11.06(Fri) 09:33 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

6. Re:泥中の蓮


>青菊さん
田んぼの生産性を上げるため、区画を整理して一枚の田んぼの面積を増やし、乾田化(冬は水を抜くようになる)したりすることを「圃場整備」と言います。これに伴い、田んぼと水路に高低差を生じさせ、また土水路を直線的にかつコンクリート化したりするわけです。機械を入れやすく、水管理もしやすくなりますが、これによって田んぼの水生生物は大きな打撃を受けるわけですね。近年、生き物に配慮したいろいろな工法も研究されているのですが・・・

2009.11.06(Fri) 17:11 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

7. Re:飛び出すどじょう


>ごんた農場さん
お引っ越しお疲れ様でした(=⌒▽⌒=)
ドジョウは水のないところでもけっこう移動しますよね!雨の日など畦道を這っているのを見たことがあります。

お亡くなりになったドジョウもどこかへ移動しようと思ったのでしょうか・・・合掌。

2009.11.06(Fri) 17:15 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

8. Re:ドジョウ


>スモールさん
ドジョウの居る田んぼは他の生き物も豊かですよね。

言われてみればそうかもしれません。私たちが遊んでいた頃の田んぼと今の田んぼでは、残念ながら子供にとっての楽しさが違うことは否めない事実だと思います。楽しい場所であれば、きっと子供も戻ってくると思うのですが・・・

2009.11.06(Fri) 17:17 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
63位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑