ツマグロキンバエ

2009.11.08(Sun)

秋の花に群がってくるのはハチやハナアブばかりではありません。こんな小さなお客さんも現れます。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20091106 千葉市若葉区)


ツマグロキンバエは体長わずかに5~7mm。花の蜜を舐めるため長く突き出た口がなんとも異様で、毒ガスマスクのようです。ダークグリーンの複眼には暗い色の縞が入っており、よく見るとなかなか繊細な味わいがあります。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20091106 千葉市若葉区)

「褄黒」の名は、前翅の先が黒っぽいことに由来します。気温のせいかそれほど敏捷に飛び回ることはせず、一度とまった場所でじっくりと蜜を吸っているようでした。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハエ目

19:10 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

青菊 #79D/WHSg

1. 細長いハエ


うちにもこんな感じの細長いハエが来て、花のところにいました。
別に花びらをかじる虫じゃなさそうなのでほっときましたが、ハエにも蜜を舐めるタイプがいるのですね。

このハエも幼虫は前の記事のアブのように腐ったものとかについているんでしょうか。
完全変態の虫は姿が変わると食べ物まで変わってしまうのが多いので面白いですね。

2009.11.09(Mon) 21:29 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:細長いハエ


>青菊さん
意外と、イエバエやキンバエもよく花の蜜を舐めに来ています。ハエ目にとっては普遍的においしいのかもしれません。

実はこのツマグロキンバエの幼虫がどこで何をしているのか、まだわかっていないそうです・・・身近な虫なのに不思議ですね。

2009.11.10(Tue) 18:19 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑