ニホンザル

2009.11.25(Wed)

冬を前にしたこの時期、場所によって、ニホンザルは群れをなして人里に下りてきます。「おさるさん」なんて言うけれど、実際に近くで見ると、サルというのは全身筋肉隆々でいかにも強そうです。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20091123 大多喜町)


「夏はあんまり見ねえけんどね、秋になるとみんなで来るですよ」


というのは、農作業をしていたおばさんのお話。


「柿の実全部食べちゃって、それだけならいいけど、畑の野菜も堀っかじってね」

「どんな野菜を?」

「タマネギ、ダイコン、ハクサイ、まあ何でもね。タマネギなんかひどいですよ」

「人にかかってきたりは?」

「それはねえけど、女子供は馬鹿にするね、やっぱり」



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20091123 大多喜町)


ということで、房総半島では、というより日本全国的にかも知れませんが、近年、猿害がとみにクローズアップされています。今年の夏には、君津市で有害鳥獣駆除中にサルと間違えて仲間の男性を撃ち、死なせてしまった・・・という悲しいニュースもありました。長期的にはサルの個体群が野生状態で健全に生活できる広葉樹の森林環境の保全、短期的には農作物への食害対策、というのが焦点となるところでしょう。


ニホンザルは日本列島の固有種であり、南は屋久島から北は下北半島まで生息し、ヒトを除けば最も北に生きている霊長類です。現在、千葉県全体では数千頭のサルが生息し、そのうち君津、富津の一部の生息域は国の天然記念物に指定されています。また近年では南房総で外来種であるアカゲザルが定着、その一部は在来のニホンザルとの交雑が確認されており、そのことも大きな問題となっています。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 哺乳類

22:27 | Comment(8) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ぷらっち #79D/WHSg

1. え。。。


サルの外来種が野生で繁殖しちゃってるとは知りませんでした><
誰が放したんだ~ヽ(`Д´)ノ
ていうか、雌雄揃ってないと増えないですよね。。。なんでそんなことが起きるんでしょう(-"-;A
サルにはいい思い出がありません(TωT)
小学校の遠足でサル園(?)に行ったとき、キラキラ光るものは欲しがるから名札はポケットに入れるように言われました。私もしっかりポケットに入れておいたのに、私の前にやってきたサルがポケットの中から名札を持って行ってしまいました(T_T)名札返せ~~~~~

2009.11.26(Thu) 07:43 | URL | EDIT

花立毛鈎工房 #79D/WHSg

2. 無題


かつて、白馬方面に釣りに行き、
サルの群れに囲まれ、
ほうほうのていで逃げ帰ったことがあります。

怖かったぁ~!

2009.11.26(Thu) 15:46 | URL | EDIT

青菊 #79D/WHSg

3. 外来種


外来種のアカゲザルが繁殖しているなんて…アカゲザルってペット用ですよね。面倒見切れなくなった個人かペットショップが放したのでしょうけど、飼うなら最後まで責任もって買って欲しいです。
ニホンザルだけでも頭が痛いのに、外来種のサルまで。駆除はあまりして欲しくないので、なんとかうまく自然淘汰されて欲しいのですが。

2009.11.26(Thu) 18:39 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:え。。。


>ぷらっちさん
アカゲザル、何故房総に存在するようになったのかよくわかっていないようですが、人間が放したものであることは確かです・・・

日光などではサルが人間からものを奪い取るようなケースもよく取り沙汰されてますね。名札、何に使ったんでしょうね(笑)。

2009.11.26(Thu) 20:17 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

5. Re:無題


>花立毛鈎工房さん
間近で群れに遭遇するとサルってかなり脅威的ですね!

正直、野生のサル相手だと一対一でも喧嘩して勝てる自信ないです。

2009.11.26(Thu) 20:20 | URL | EDIT

りょうちゃん #79D/WHSg

6. 猿害


遠い昔新婚旅行で訪れた高崎山の猿
思い出します。ボスやグループの習性など
知った上で観光資源として管理されていました
が今どうなったのか?身近な君津市、富津市の今の状況はいつの間にか増えてしまった
1000頭近い野猿がこの地区の自然に対して
多すぎると言うことなんでしょ?
野猿をまかなう充分な広葉樹森が簡単に用意
出来ないから、猟友会に頼んで合法的に駆除
と言うストーリーなんですよね。その結果誤って
人を誤射死に至らしめた。被害額から行ったら
猿害被害額、対策費の比ではなくなってしま
いますよね!もう少しソフトランでイングする
方法ないのでしょうかね?

2009.11.26(Thu) 20:24 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

7. Re:外来種


>青菊さん
アカゲザル、既に百頭単位の群れをなしており、自然淘汰は現状無理なようです。残念ですが在来種との交雑が始まっている以上、何らかの方法での排除もやむなしかと思います。外来種による在来生態系へのダメージについて、もっと一般への啓蒙・教育活動が必要だと思います。

2009.11.26(Thu) 20:24 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

8. Re:猿害


>りょうちゃんさん
人命までが損なわれてしまうというのは本当に哀しいことですよね。

実は全国的に見ると、ニホンザル全体の頭数はむしろ減少しているらしいのです。猿の方も切羽詰っているのでしょう。猿害防除のために全国で様々な試みが行なわれているようですが、人間と猿双方の生存、地域の状況に合致した良い道が開けるといいのですが。

2009.11.26(Thu) 20:31 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
59位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑