DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スズメノカタビラ

「雑草」という名の草はないのだと申します。しかし、カテゴリーとして「雑草」というものが存在するなら、このスズメノカタビラこそはまさにキングオブ雑草、雑草の中の雑草と言っても過言ではないでしょう。人生の中で一度もこれを引っこ抜いたことのない人は、多分千葉中探してもそう多くないはず。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20091201 千葉市若葉区)


都会から田舎までおよそ草の生えそうなところならだいたいどこにでも生育し、しかもほぼ全世界に分布しています。原産地はヨーロッパから西アジアと考えられており、日本にはよほど古い時代に入ってきたようです。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20091201 千葉市若葉区)


漢字にすると「雀の帷子」。この場合の「スズメ」とは、文字通りの鳥のスズメではなく、サイズが小さいことを意味しているのでしょう。そのような用法は他にも見られ、例えばカラスノエンドウ に対して、もっと小さなスズメノエンドウというものがあります。



(ブログランキングに参加しています)

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/12/02 11:43 ] 山野草 | TB(-) | CM(2)
1. カタビラ

かたびらって何だかわからなくて調べたら、単の着物のことなんですね。
単の着物っぽいかなぁ。あまり良くわからないです。
でも、スズメも文字通りに受け取ってスズメが単の着物を着ているところを想像すると、雀のお宿みたいでかわいいですね。
[ 2009/12/03 00:26 ] [ 編集 ]
2. Re:カタビラ

>青菊さん
これがなんで帷子なのか、そこらへんどうも意味不明ですよね(笑)。

小鳥が着物を着ているところを想像すると「マンが日本昔話」の世界ですね。1
[ 2009/12/03 12:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。