アカケダニ

2009.12.16(Wed)

DAYLIGHT RAMBLERに、満を持してついにダニが初登場です。アカケダニです。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20091214 千葉市若葉区)


ダニというと顕微鏡的な大きさで、人や動物にとりついて・・・というイメージが強いですが、この真紅のアカケダニは2~3mmに達する大型のダニで、肉眼でも十分に見ることができます。落ち葉などの土壌の中で暮らしており、時々こうして地表に出てきます。幼虫の間は昆虫に寄生し、成長すると他のダニや、自分より小さな生き物を食べて暮らしているそうなので、人に対して害はありません。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20091214 千葉市若葉区)


八本の脚が示す通り、ダニはサソリやクモなどに近い生き物です。人をだまくらかして生活しているような人間を「社会のダニ」というけれど、実際のところ、ダニというのは非常に多種多様であり、地上性から水生、肉食のものから草食のものまでいろいろです。マーク・トウェインの「トム・ソーヤーの冒険」で、トムが自分の抜けた歯と交換でハックルベリー・フィンからダニを手に入れ、それを授業中に競争させて遊んでいて先生にぶんなぐられるシーンがあります。それは赤い大きなダニということですから、あるいはこのアカケダニのようなダニであったのかもしれませんね。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Category: 鋏角類

20:41 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

青菊 #79D/WHSg

1. 無題


良くこんな小さなものを撮ったなぁと(笑)。
ダニにしては大きいかもしれませんが。


見事に真っ赤ですね。
苔の上にいたらクリスマス的で良い色合いでは?

2009.12.17(Thu) 12:55 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:無題


>青菊さん
いや、ほんとに見事に真っ赤でしてですね、けっこう目立つんですよ(笑)。

日光が当たるとなかなか美しい色をしています。

2009.12.17(Thu) 17:51 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑