マミジロハエトリ

2008.05.06(Tue)

ハエトリグモの仲間は、巣網を作らず、自分で歩き回って獲物を捕まえます。人家付近のいたるところに生息し、また大変にいろいろな種類がありますが、これはその中でも比較的に多く目にする、マミジロハエトリという種類の雌です(くどいようですが、もしも間違えていたら、気づいた方はどうかご指摘くださると嬉しく思います)。



   

(20080430 千葉市若葉区)

ハエトリグモはたいてい小さいですが、これも体長7mm前後です。なんだか毛ガニのミニチュアのような姿ですが、視覚に頼って狩りをするので目が発達していて、


 

(20080430 千葉市若葉区)


非常におもしろい顔をしています。


 

(20080430 千葉市若葉区)


葉の上でたたずんでいる姿はなかなか味があり、すごく深いレベルで物事を考えていそうな趣があります。多分、「腹減ったな」とか思っているだけかもしれないけど。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 鋏角類

15:19 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。