コサギ、「ガサガサ」をする

2009.12.20(Sun)

一般的に、いわゆるシラサギにはダイサギチュウサギコサギ の三種類があります。大きいのがダイサギ、中くらいのがチュウサギ、小さいのがコサギ・・・と言ってしまえばそれまでなんですけれど、なかなかそう簡単でもなく、特にダイサギとチュウサギは、遠くからだと「あれ、どっちだろ」てなこともたまにあります。


しかし、コサギに関しては、地上にいればどなたでも百パーセント確実に見分けることができます。なぜなら、このように足が黄色いからです。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20091218 千葉市緑区)


その地上から、流れに入って獲物を探します。この寒い中、湧水が流入している小川はそうとう冷たいに違いないにもかかわらず、平気そうです。根性があります。おまえたちも見習え。<誰に言ってるんだ?



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20091218 千葉市緑区)


実際には、水鳥の脚には、冷たい静脈の血を温かい動脈の血であたためる仕組みがちゃんと備わっているのであって、もちろん根性で耐えているわけではありません。そして、コサギというのは不思議な鳥で、自分の体を巧みに使って、ほとんど「漁」と言えるような頭脳的な採餌をします。以前水面で嘴を細かく開閉して波紋を作り、魚をおびき寄せて捕える様子を紹介した ことがありますが、このように浅い場所ではまた違う方法を用います。水底で足の指を震わせて隠れている小動物を追い出し、捕えるのです。動画でどうぞ。


script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=YVs52qg75nW:bhae:Oi:da:z3v2GPx0PBS3Of7/xmLbjbXPQjgKJUd:Dx/P:yN:PO:XQ77jiTkeeU2QhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray 

(20091218 千葉市緑区)


これはまさしく、私たちが子供の頃にやった、人によっては大人になってもやっているであろう「ガサガサ」そのものです。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20091218 千葉市緑区)


改めて見直せば、この小さな丸い眼にも知性の光が感じられるような気が・・・しないこともないような気がいたします。



▽コサギの過去の記事はこちら からどうぞ(携帯では正常に表示されない場合があります)


(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

17:14 | Comment(6) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

うりゅう #79D/WHSg

1. 見習います


今週は雪に負けて釣りに行きませんでした
僕は静脈血を動脈血で暖める機能はありませんが
コサギには無い豊富な皮下脂肪があります
寒さになんか負けていてはダメですね

2009.12.20(Sun) 19:40 | URL | EDIT

りょうちゃん #79D/WHSg

2. 動画を見ると


こんばんは!
動画を見ると足先で底を振動させて驚いて
動き出す小魚を捕っているように見受けられますね!追い込み猟とでも言うべき漁法を身につけているようですね!

2009.12.21(Mon) 00:17 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:見習います


>うりゅうさん
人間も静脈血を動脈血で暖める機能があったら便利そうですよねえ。真冬の屋外も犬より素早く動けるかもしれません。

温暖化とは言え寒くなってまいりました。この冬も素敵な釣りを!

2009.12.21(Mon) 17:09 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:動画を見ると


>りょうちゃんさん
こんばんは!
まさにそのようで、水底のかき回して魚を追い出しているようです。コサギはおびき寄せはするわ追い込みはするわで高い技術を持っています。すごい鳥です。

2009.12.21(Mon) 17:11 | URL | EDIT

青菊 #79D/WHSg

5. ガサガサ


うちの近所の親水公園にもコサギがいます。
これは「ガサガサ」をしていたのですね!
どこでこんなことを習うのでしょう。

ついでにこのコサギはいつも同じ時間に同じルートで飛んでいきます。
規則正しい生活を送っていますね。

2009.12.22(Tue) 00:44 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

6. Re:ガサガサ


>青菊さん
本能にプログラミングされているのか、経験で工夫するのか・・・考えると少し不思議ですね。

鳥さんはたいてい規則正しいようです。カラスなども毎日同じ時間に来て同じ時間に帰っていきます。

2009.12.22(Tue) 17:01 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
67位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑