スズメ

2009.12.28(Mon)

日本で最もポピュラーな小鳥、スズメ 。いったい、全国でどのくらいの数が生息しているのでしょう。


近年、このような研究 がなされており、現在のところ大体数千万羽、ということになっています。そして、この二十年間ほどで実に半分以下にまで減少している のだといいます。真実であるとしたらちょっと驚くべき数字です。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20091227 千葉市中央区)


古来、農村におけるスズメは、害鳥であり、同時に益鳥でもありました。害鳥であるのは、秋に稲などの穀物を食害するためであり、益鳥であるのは、夏にはそれらの穀物の害虫を捕食するためです。追い払われたり大切にされたり食用にされたりと、およそ考えられる限りの様々な形で人間と関ってきたのです。いわば人間とスズメとは相互に影響を受け、ある意味では依存し合うような形態にあったわけで、ということは、スズメの減少の要因は、人間の社会構造の変化、そしてそれが野鳥にどのような効果を及ぼしているか、という面からも論じなければならないでしょう。


二十年間で半分以下、という数字に関して、ここに似たようなデータがあります。総務省の統計局のデータ です。ここの「農業」の欄の、専業・兼業別・経営耕地規模別農家数、就業状態別農家人口、などをご覧ください。


これらのデータは私が別個に引いてきただけです。スズメの減少と農村の荒廃にどこまでの関係があるのか、私にはわかりません。しかし、関係あるのかないのか、あるとしたらそのような傾向によってこの先にどのようなことがもたらされるのか、ちょいと考えてみる値打ちくらいはあると思うのです。



▽スズメの過去の記事はこちら からどうぞ(携帯では正常に表示されない場合があります)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

17:24 | Comment(8) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

スモール #79D/WHSg

1. 住みにくい世の中


悩ましいことです。
ちょこっとデータのぞきました。農家数は激減してて、特に小規模農家の減少が著しいですね。すずめの減少と農家数の減少。何か関係がありそうですね。スズメにとって住みにくい世の中が、人間にとって住みやすいとも思えないのです。

2009.12.28(Mon) 20:24 | URL | EDIT

ぷらっち(みっち) #79D/WHSg

2. そういえば


スズメが少ない気がします。
昔はいっぱいいたのに、庭に来るスズメも少なくなったし、何よりネコが捕って来るのはメジロばかり。以前はスズメの方が多かったんですけど^^;;
その代わりカラスは増えたかな?
もしかしてカラスに食べられちゃったっていうスズメも多いんでしょうか?うちの周りは20年前とあんまり田畑の面積は変わってないですしね~

2009.12.29(Tue) 08:26 | URL | EDIT

青菊 #79D/WHSg

3. スズメ 減少


…で検索してみたら出るわ出るわ…
こんな事態になっているとは思いもよらずびっくりしました。
都市部にいっぱいいるように錯覚していましたが、実際は農村の方がすみやすい鳥なのですね。
農地減少とすずめの減少は最終的には因果関係がありそうですよ。

日本の風景が消えていくことがスズメにまで影響があるなんて考えなかったです。

2009.12.29(Tue) 12:48 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:住みにくい世の中


>スモールさん
正常な農業活動によってスズメなどの生息環境も整えられていたのだとしたら、今後が心配です。農地の集中もいいけれど、特に谷津田の多い千葉のようなところでは、小規模農家の保護は大切なことだと思うのですが・・・

2009.12.29(Tue) 17:56 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

5. Re:そういえば


>ぷらっち(みっち)さん
カラスによる捕食圧、孵化・成長率の低下などはやはり取りざたされているようですよ。猫がいるとどんな小鳥が多いかてきめんにわかりますよね。うちの猫もよくスズメを連れてきたものです。

2009.12.29(Tue) 17:59 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

6. Re:スズメ 減少


>青菊さん
かつては身近だった環境の消失によって、そこに暮らしていた生き物たちが少しずつ消えていくとしたら、それは悲しいことですね。メダカも消え、ホタルも消え、いつかスズメが消えていく日も来てしまう・・・なんてことは何とかして避けたいものです。

2009.12.29(Tue) 18:01 | URL | EDIT

あしゅりん #79D/WHSg

7. カラスの狩り


帰省して父からきいたのですが、カラスが集団で鳥をゴルフ場に張られたネットに追い込んで狩りをするそうです。
鳥がネットにからまったところで襲って食べてしまうとか。
昨日もフクロウが追い込まれていたそうですが、幸いネットにかかってはいなかったので、誘導して逃がしたとのことでした。

2009.12.30(Wed) 10:55 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

8. Re:カラスの狩り


>あしゅりんさん
カラスも追い込み猟をするんですね!フクロウまで狩るとはびっくりです。

私も先日、カラスが群れをなして、地上にいる一羽のオシドリを襲っているのを見ました。オシドリはかろうじて暗渠に逃げ込みましたが、冬場はかなり大きなものも狩るのかもしれませんね。

2009.12.30(Wed) 17:57 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑