オオクロバエ

2009.12.30(Wed)

オオクロバエも成虫越冬なので、太陽の出ている時には、よく木の幹などで日光浴をしています。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20091228 千葉市若葉区)


胸部は濃いスチールブルーメタリック、腹部は緑がかった藍色のような、深みのあるメタリックです。全身に毛が生え、いかにもがっちりとした体型をしており、体長は実に13cmに達します。というのはウソで、1.3cmほどになります。


ハエ目に多く見られるように、このオオクロバエも眼と眼がこの写真のようにくっつき気味なのが雄、離れているのが雌です。


ちなみに、雌の眼は成長とともにずっと離れ続け、最終的にはシュモクザメのような姿になるため、英語圏では「ハンマーヘッド・フライ」と呼ばれているのです・・・などというのも無論ウソです。ということで無意味なウソばっかりつきつつ本日はおしまい。



▽オオクロバエの過去の記事はこちら からどうぞ(携帯では正常に表示されない場合があります)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハエ目

22:36 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

あしゅりん #79D/WHSg

1. ふと


そういえば、シュモクバエは英語でハンマーヘッドフライというのだろうか、とちょっと思いました。

2009.12.31(Thu) 09:01 | URL | EDIT

青菊 #79D/WHSg

2. 無題


ひどいわっ!takさん。
私、あなたのことを信じていたのに…こんなにうそつきだなんて!!


…とこんなあたりでいかがでしょう?
実際、体長13センチだったら、夢の島あたりは阿鼻叫喚ですね(笑)

2009.12.31(Thu) 12:29 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:ふと


>あしゅりんさん
シュモクバエ、石垣島あたりに行って見てみたいですね!
あしゅりんさんの書き込みを読んでから英名を調べたけれど、ハンマーヘッドフライトは出てませんでした。なんだか気になるので調べてみようと思います。

2009.12.31(Thu) 16:27 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:無題


>青菊さん
うわははは、この程度の小細工に引っかかるとは未熟者めが。<あんた誰?

13センチあったら牛小屋の周りなんかえらいことになりますね(笑)。

2009.12.31(Thu) 16:29 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
655位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑