カワセミ@坂月川

2010.01.06(Wed)

プライベートをちょっぴり暴露しますと、この日は仕事のことで友人の電気音楽家、米本実さん と会っておりまして。


この米本さんという方は人間としてもクリエーターとしても非常に尊敬すべき人ですが、根本の部分でどこか私と共通するものがあり、今回も千葉駅で合流してすぐに、


「天気もいいですし、川にでも行って歩きながら話しましょーよ」「いいですねいいですね」


ということになり、さっそく車で坂月川に行き、ぷらぷらと歩きながらの打ち合わせと相成りました。「真面目にやれ」とお怒りの方もいるかもしれませんが、日が暮れてからおねーちゃんのいる店で酒を飲みながらこそこそ密談するようなのと比べたら、我々ははるかに健康的でリーズナブルだと自負する次第です。


健康的でリーズナブルなだけではありません。私は、今までの経験から、「人間はじっとしている時より歩いている時の方が頭が冴えている」という、ほとんど確信に近い考えを持っています。お互い光に当たって風に吹かれてフレッシュな空気を吸いながら話した方が、議論は建設的で実りあるものになる可能性が高いと思うのです。


しかも、たまにはカワセミ を見つけちゃったりもできるわけです。木にとまる→水に飛び込んで採餌→また戻る、という一連の過程をしっかり観察することができました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100105 千葉市若葉区)


カワセミは、このような川では通常、岸辺の崖などに穴をあけて営巣します。しかし、三面張り護岸の川でも、排水口を使って巣を作ったりと、無理矢理に工夫している姿も見られます。カワセミはどこでも、誰にでも人気のある鳥です。こんな写真をブログに載せておいてなんですが、皆様のお近くにお住まいのカワセミに対しても、繁殖の時期になったら、みんなで大きなカメラを抱えて巣の前に集まったりせず、なるべくそっとしておいてやっていただきたいと思います。それによる営巣放棄などは悲しいことです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100105 千葉市若葉区)


肝心の打ち合わせのほうはというと、生き物を見つけるたびに脱線しつつも、てくてく歩くうちにぐんぐん進み、最終的に非常に前向きな方向でまとまることができました。私はこの「歩きながら打ち合わせ」というのを世間にはやらせたいと思っているんですけど、駄目ですかね?



カワセミの過去の記事はこちら からどうぞ(携帯では正常に表示されない場合があります)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

13:43 | Comment(8) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

花立毛鈎工房 #79D/WHSg

1. 無題


職場付近の、生活排水路のような川にも
カワセミがいて、その生命力にビックリ。
清流渓谷の鳥と思いきや、
案外、たくましいんですね。

カヌーポロ(カヌーを使う水球?)の
インストラクターをしていたとき、
住宅街に近い池にも水面近くに巣があり
ビックリしたことを覚えています。

2010.01.06(Wed) 18:44 | URL | EDIT

うりゅう #79D/WHSg

2. カワセミ


この鳥は大変に目が良いはずですが
ダムなどでルアーを使って釣りをしていると驚かされます
水中のルアーが上に上がるので釣れたのがわかります
無理にアワセを入れなければケガをさせずに済みます

水辺の鳥は捨てられた釣り糸の被害にあいやすいので
釣りに行くと他人の分まで回収してきます
水鳥も釣り人も同じ漁業組合の仲間だと思っています
いつまでも共存していきたいですね

2010.01.06(Wed) 23:57 | URL | EDIT

青菊 #79D/WHSg

3. 哲学の道…とか


哲学者は歩いて考えるイメージが(笑)。西田幾太郎とか。
歩いて考えるのが「あり」なら打ち合わせも「あり」ではないかと思います。


カワセミはかなり適応力の高い鳥だと思います。
うちの地域の運河にあるかなり人工的な親水公園にもいるそうです。
こんなところまで、どこから飛んできたのでしょうね。

2010.01.07(Thu) 08:55 | URL | EDIT

スモール #79D/WHSg

4. 歩きながら・・・


川辺を歩きながらの打ち合わせ素敵ですね。
ぼくも田んぼの道をぶつぶつ言いながら良く歩きます。相手があればその時間はまた楽しくなるでしょうね。

2010.01.07(Thu) 15:51 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

5. Re:無題


>花立毛鈎工房さん
そうなんですよね。けっこう、三面張りのドブ川みたいな水路とか、都市公園の中の噴水の池なんかにもいるんです。水底のコンクリートで嘴を痛めたりするのもいるらしいです・・・環境の悪化の中で鳥も必死なんですね。

2010.01.07(Thu) 17:04 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

6. Re:カワセミ


>うりゅうさん
そんなこともあるんですね!魚だけでなく、鳥もルアーには反応してしまうんですね。

他人の糸まで回収するお心の暖かさが素敵です。いつまでも続く漁業組合であって欲しいですね。

2010.01.07(Thu) 17:06 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

7. Re:哲学の道…とか


>青菊さん
歩くのは頭が冴えます。私など考え事をしながら歩いていて電柱に突っ込んだことがあります。以来気をつけるようになました。

東京都下でもカワセミの生息場所はかなりあるそうですね。空を飛べるって便利なんですね。

2010.01.07(Thu) 17:09 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

8. Re:歩きながら・・・


>スモールさん
歩きながらぶつぶつ独り言、私もよくやります(笑)。歩きながら話していると、議論が「手詰まり」になりにくい気がします。野外っていいものだと思います。

2010.01.07(Thu) 17:11 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
695位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
71位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑