DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マンリョウ

漢字で書けば「万両」というめでたい字面。言わずと知れたお正月の縁起物に用いられる、照葉樹林に多く自生するヤブコウジ科の常緑低木です。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100108 千葉市若葉区)


マンリョウと言えば、この赤く美しい実。人間が食べたという話は聞いたことがありませんが、鳥はかなり食べていて、そのこぼれ種で新しい場所に増えたりもします。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20100108 千葉市若葉区)


ところ変わればなんとやら。このマンリョウ、アメリカに持ち込まれ、のち野生化したものが手広く繁殖し、現他の生態系を脅かして問題化しているとか。コイマメコガネ の件といい、外来生物の害ということに関して、日本も決して被害者だけの立場というわけではないのです。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/01/08 19:43 ] 樹木 | TB(-) | CM(2)
1. 不思議

コイやマメコガネ、クズなど海外進出生物は
日本でも旺盛な繁殖力を見せますが
日本ではヒッソリしているマンリョウが猛威を振るうんですね
意外です
[ 2010/01/08 21:05 ] [ 編集 ]
2. Re:不思議

>うりゅうさん
木陰などにそっと生きている感じのマンリョウが侵略的な生物になるなんて不思議な気がしますね。

環境が変わると性格も変わってしまうのでしょうか・・・
[ 2010/01/09 18:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。