マイマイガの卵塊

2010.01.21(Thu)

今日は昨年の7月11日に掲載した、マイマイガの産卵 のその後についてお届けいたします。


7月13日の夕方、産卵六日目に入り、卵はごらんの高さに達していました。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20090713 千葉市若葉区)


そして翌14日。産卵していた雌は地面に落ち、動かなくなっていました。マイマイガの雌は産卵を終えると同時に、その生命も終えるのです。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20090714 千葉市若葉区)


昆虫が成虫に羽化するということは、なんだか子供が大人になるかのようなイメージがあります。しかし実際には、セミやウスバカゲロウの仲間のように、幼虫時代の長さとは裏腹に、成虫になってからほんのわずかしか生きない虫はたくさんいます。


このマイマイガの場合、成虫となってからは食事さえしません。彼らはその生涯の最後に、繁殖し、子孫を残して死ぬために、翅を持って飛ぶことのできる成虫となるのです。


その卵は、卵のままで冬を越え、春が来て孵化します。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100120 千葉市若葉区)


表面は茶色い繊維で覆われています。これは、雌が自分の体の鱗毛を塗りつけたものです。死んだ母親に守られながら、卵は今もまだ卵のまま、じっと内部での成長を続けています。



▽マイマイガの過去の記事はこちら からどうぞ(携帯では正常に表示されない場合があります)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

18:46 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ムシムシ娘 #79D/WHSg

1. はじめまして


はじめまして♪

蛾は、特に繁殖の為&子孫を残す為成虫になりますよね。人間の勝手の思いですが、切なくなります。

それにしてもbeautifulな蛾ですね!最近蛾がきれいなんだと気がつきました(笑)

2010.01.21(Thu) 20:44 | URL | EDIT

ぷらっち #79D/WHSg

2. これが卵塊ですか


マイマイガの卵塊、初めて見ました。
うちの壁にはくっついてないけど、きっとどこかにあるんでしょうね。夏になると必ず1匹の幼虫に出会います。顔じゃないけど、頭部分が顔に見えて、NHKでやってた「ニャッキ!!」そっくり!!
あまりのかわいさに写真を撮ったことがありますが、意外と足が速くて、全部ボケちゃいました><
私もこの卵塊を探してみようかな♪

2010.01.22(Fri) 06:01 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:はじめまして


>ムシムシ娘さん
はじめまして。こんにちは!

蛾って綺麗ですよね。時々見とれてしまいます。
生涯の最後に成虫になって、空を飛び、繁殖して死ぬ。彼らにとっては当然なのかもしれませんが、人から見るとやっぱり切ないですね。

2010.01.22(Fri) 10:46 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:これが卵塊ですか


>ぷらっちさん
わりあい高い位置にあることが多いようですね。たまに「大発生」とかいうニュースが流れますが・・・

そうそう、幼虫、顔みたいな顔してますよね(笑)!春が来たら写真を撮りたいなーと思っています。

2010.01.22(Fri) 10:47 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
67位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑