アカハラ

2010.01.22(Fri)

研究機関や大学などで、教授や職員が部下や学生に対して行う権力濫用、嫌がらせ行為。「アカデミックハラスメント」の略・・・


ではなく、鳥のほうのアカハラです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100121 千葉市中央区)


シロハラ と同じツグミ科で、大きさもほぼ同じくらいです。落ち葉を裏返して餌を探すのも似ています。写真左のは何か種子のようなものをくわえていますね。


違うのはもちろん、おなかが赤いこと。薄暗い地面をオレンジ色の色彩が移動する様子はなかなか鮮やかです。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

10:48 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

スモール #79D/WHSg

1. アカハラ


アカハラと言うんですね。
最近毎朝、ドアを開けると、堆肥置き場から飛び立つ姿を見かけます。堆肥の中の虫を探してるんでしょうか。

2010.01.22(Fri) 16:59 | URL | EDIT

ぷらっち #79D/WHSg

2. あ~


アカハラっていうんですね^^
さっき写真撮ったんですが、何者かわからなかったのと、いくらズームにしても鳥が小さすぎたので記事にはしませんでした^^;;;
takさんはよくきれいに野鳥の写真が撮れますよね~ヽ(゚◇゚ )ノ

2010.01.22(Fri) 20:41 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:アカハラ


>スモールさん
はい、これがアカハラです。腹が赤いからアカハラという、まことにわかりやすい鳥です。

堆肥置き場は幼虫の類が豊富で、このての鳥には宝の山かもしれませんね!

2010.01.23(Sat) 18:31 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:あ~


>ぷらっちさん
十倍ズームのSX110isは鳥相手でもかなり寄ることができ、便利です。CANONに感謝であります。

いつもけっこう同時期に同じような生き物に出会ってますね(°∀°)b

2010.01.23(Sat) 18:33 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
695位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
71位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑