シロマダラの轢死体

2010.02.01(Mon)

※タイトル通り、蛇の轢死体画像があります。そういうのが苦手な方はご注意ください。


うっかり「毎日更新」などと無茶なことを標榜してしまったために、これはもう毎日更新せざるを得なくなったこのブログ。なんとかかんとか1月は更新し続けることができました。もっとあったかくなればそのうち生き物も増えてきていろいろ楽になるでしょうから、それまで頑張るといたしましょう。


しかるに、今日はこれといったネタがないわけであります。よって、これまで撮りためた写真の中からの蔵出しということで今日一日の記事を消費する方向で。


おそらく、見たことのない方が多いでしょう。一昨年の夏に撮影したシロマダラです!ただし死体。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20080731 千葉市若葉区)


私が日頃うろうろしている千葉市若葉区鹿島川及び都川流域の田園地帯において、もっとも人目につきやすいヘビは間違いなくヤマカガシ でしょう。次いでアオダイショウ 、そしてヒバカリ。シマヘビはかなり減少している印象です。マムシ は場所によってはそれなりの確率で出会うことができます。ジムグリ は春と秋にごくたまーに遭遇する程度、そして文句なく一番レアだと思われるのが、このシロマダラなのです。何しろ私、少年時代から通算しても、おそらく数回しか実物を前にしていません。


大きくても70cm程度のわりあい小型の無毒のヘビで、林の中に生息し、夜間に行動します。こんな無残に潰れた画像からはうかがい知ることができないと思いますが、生きているときにはたいへん美しいです。今年は是非、野外で生きて動いているところを撮影したいと思っております。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 爬虫類

19:22 | Comment(8) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

南風 #79D/WHSg

1. 無題


シロマダラ、はじめて見ました。
こどもの頃はヘビが大好きでしたので、いろんなヘビを見ていましたが、これは初めてです。
ヤマガガシ、アオダイショウ、マムシがよく見たベスト3でしょうか。

それより、この時期ブログネタに苦労するのはお互いですね。
こちら(宮崎)のほうが南に位置する分、アドバンテージがあるかと思いますが、微々たるものです。
節分まで2日・・・ここまで頑張られたのだから、ぜひこのまま続けてください。
応援しています。

2010.02.01(Mon) 20:08 | URL | EDIT

にゃり #79D/WHSg

2. へー


シロマダラですか…たぶん見たことないと思います。
レアなんですもんね。
アオダイショウは結構見るかも。
木にのぼってると、たまにヘビに遭遇することがあります。
こちらもすぐには逃げられないので、とっさに金縛りにあったみたいになります(笑)
植木屋仲間では、ハサミでつかんで投げ捨てたという強者もいますが、
わたしの場合は、静かに木を降りて、しばらくしてからいなくなったのを見計らってまた登ります。
ビビリなんで(笑)

2010.02.01(Mon) 20:17 | URL | EDIT

うりゅう #79D/WHSg

3. レアですよね


シロマダラは一度しか捕まえたことがありません
トカゲが主食なので飼育が難しいんですよ
飼えるものなら飼ってみたい美しさです

生息地域で夜間に側溝を探して歩くと
見つかることがありますね

2010.02.01(Mon) 21:23 | URL | EDIT

ぷらっち #79D/WHSg

4. ぺたんこですね><


我が家の方でもぺたんこを見かけます。不思議とぺたんこ状態なのはヤマカガシの次に多いかもしれません。
個体数が少ないように思いますが、その割には目撃情報も多く。。。ま、私も家の隣の空き地で遭遇してるし(;^_^A
夜行性ってだけで、こうも見つからないものなんですね(*´Д`)=з
私も今年は絶対GETしたいと思います(o^-')b
あ、写真撮ったらバイバイだと思いますが(/_;)/~~

2010.02.02(Tue) 07:48 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

5. Re:無題


>南風さん
シロマダラ、いるのはわかってるのですがなかなか出会えません。

ブログネタという観点からも、春がすごく待ち遠しいです(笑)。
応援いただきありがとうございます。頑張ります。

2010.02.02(Tue) 16:52 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

6. Re:へー


>にゃりさん
昨年、都内でも見つかったということでちょっとしたニュースになりました。それだけ目につきにくいヘビだと思います。

木の上で出会うのはやはりアオダイショウやシマヘビでしょうか。どちらも無毒ですが、顔を突き合わせたらやっぱりびっくりしますよね。

2010.02.02(Tue) 16:55 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

7. Re:レアですよね


>うりゅうさん
あ、捕まえたことがおありなんですね。
私も中学生の頃に一度だけ・・・。

トカゲも減少しているので、そのへんからも狭まってるのかもしれませんね。今年は是非生きてるのに出会いたいです。

2010.02.02(Tue) 16:56 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

8. Re:ぺたんこですね><


>ぷらっちさん
それが、うちのほうではぺたんこ状態のもまず見かけないんですよ。この死体を見たっきり二年半、一匹も見てません><

ブログに掲載できる写真が撮れる程度に近づかせてくれる野生のシロマダラを大募集中です・・・ってここに書いても応募はないか。

2010.02.02(Tue) 16:58 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
566位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑