ウラギンシジミ(♀)

2010.02.03(Wed)

撮りためた未公開過去画像からの蔵出し第二弾です。


ウラギンシジミは、「裏銀」の名の通り、裏が白一色の尖った翅が特徴的です。表側は、雌がこのように焦げ茶色ベースに白い模様、雄はオレンジ色の模様がついています。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER

(20080811 千葉市若葉区)


日本のシジミチョウの中では例外的に大きく、モンシロチョウ ほどのサイズがあります。幼虫はフジやクズのような、マメ科植物を食草としています。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

10:46 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

植物屋ジャル #79D/WHSg

1. 無題


形が、優雅な感じで美しいですね。色も好きです。

2010.02.03(Wed) 12:10 | URL | EDIT

YU_KI #79D/WHSg

2. 無題


ウラギンシジミ、大きいですよね。
私も最初見た時は、まさかシジミチョウの仲間だとは思いませんでしたf^^;
表翅はまだ撮影出来てないんですよねー。

2010.02.03(Wed) 23:30 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:無題


>植物屋ジャルさん
ウラギンシジミ、品のようなものがあって綺麗です。

焦げ茶ベースの色も渋いですよね!

2010.02.04(Thu) 21:53 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:無題


>YU_KIさん
なんかとんがった感じだし、シジミチョウっぽくないですよね。

私は裏側を撮影できてません・・・今年は何とか。

2010.02.04(Thu) 21:54 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑