DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニホンアカガエルの卵塊・2010

皆様お待たせいたしました。雪の降る冷たい日々が続いていますが、今年もいよいよニホンアカガエルの産卵 のシーズンが到来しています。アカガエルの卵が見られるようになると、いよいよここから先は春の始まり、という感じがしてきます。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100203 千葉市若葉区)


よくしたもので、カエルというものはその種類によって繁殖の時期が異なります。千葉市では最も早く産卵するのが、このニホンアカガエルです。例年、一月末から二月初めにかけて産卵を開始し、その後、親たちは二度寝のようにまたしばらく寝て過ごします。


DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER  

(20100203 千葉市若葉区)


つまり、ニホンアカガエルの場合、冬の間でも浅い水のたまっている場所がなければ、産卵ができないということになります。従って、乾田化によって生息数を減らしているわけです。


私の家の近辺のあちこちの田んぼでも、田んぼに水がないのでただの水たまりみたいなところに無理に産卵し、あとで干上がってしまったりしているという悲劇的な例が多く見受けられます。一つ今年は、そういう明らかに生育が不可能と思われる場所に産みつけられた卵塊を一つ二つ拾ってきて、うちで観察しつつ、ちゃんと変態してカエルになれそうな状況になるまで育ててみたいと思います(なんだか夏休みの宿題みたいな展開になりそうな予感・・・)。



▽ニホンアカガエルの過去の記事はこちら からどうぞ(携帯では正常に表示されない場合があります)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/02/04 21:55 ] 両生類 | TB(-) | CM(8)
1. え~

もう産卵したんですかヽ(゚◇゚ )ノ
例年より少々早くないですか?
千葉市内の方が若干早いのか、それとも実はうちの近所にも産卵されてるのか?
明日早速見に行ってみます♪
[ 2010/02/04 22:48 ] [ 編集 ]
2. 無題

そうですね、里山にはカエルもいるんですね。

メモメモ・・・です。
[ 2010/02/04 22:59 ] [ 編集 ]
3. さすがです

千葉は暖かいんですね
長野ですとまだ凍っていますから少し先になりそうです
乾田化で数を減らすとは
耕地改善したところではアカガエルを見ないのも頷けます
[ 2010/02/04 23:35 ] [ 編集 ]
4. 観察日記

卵塊を育てるってことは、成長の過程がまさに「手に取るようにわかる」ってことですよね。観察日記、できたらUPしてくださいね。

それにしても大人のカエル…。受精は産卵のタイミングですよね。どうやってタイミングを合わせて起きるんでしょう。寝ながら周りの様子をうかがっているのかな。
[ 2010/02/05 08:55 ] [ 編集 ]
5. Re:え~

>ぷらっちさん
同じ地域内でも、早い田んぼと遅い田んぼがあるようです。
昨年、この場所では1月中に産卵が始まっていたので、むしろ遅いです。雪のせいかもしれませんね。
今日も別の田んぼを見に行きましたが、そこではまだ産卵していませんでした。
[ 2010/02/05 17:22 ] [ 編集 ]
6. Re:無題

>南風さん
そうなんです、両生類、爬虫類も・・・

カエルは季節によっている場所が決まっているので、一度把握しておくと格段に出会いやすくなります。
[ 2010/02/05 17:23 ] [ 編集 ]
7. Re:さすがです

>うりゅうさん
うっかり長野で今頃産卵したら、また雪が降って卵が凍死しそうですね^^;

基盤整備した田んぼでは、アカガエルは一気に減ってしまいます・・・千葉ではレッドリストのAにランクされる状態です。
[ 2010/02/05 17:26 ] [ 編集 ]
8. Re:観察日記

>青菊さん
実際に飼い始めたら観察日記をアップしようと思います~。

生き物の体内時計は不思議です。ヒキガエルなんかも、ある日突然、一斉に出てくるんですよね。

[ 2010/02/05 17:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。