オオチャバネセセリ

2010.02.07(Sun)

未公開画像からの蔵出し第四弾。


詩のイベントで秩父に行ったときに、アザミにとまっているところを撮ったオオチャバネセセリです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20080915 埼玉県秩父郡長瀞町)


オオチャバネセセリはけっこうアザミが好きなようで、蜜を吸っているところをよく見かけます。イチモンジセセリ などと異なり、都市公園などで出会うことはほとんどなく、もっぱら山地や林に多く暮らす蝶です。開発の進行や里山の荒廃が影響しているのか、各地でその数を減らしつつあります。千葉県のレッドリストでは「B(重要保護生物)」にランクされています。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

12:18 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

南風 #79D/WHSg

1. 無題


セセリチョウの仲間は、同定に苦慮しています。
なんであんなに似ているんだろう・・・困ったものです。

2010.02.07(Sun) 18:45 | URL | EDIT

青菊 #79D/WHSg

2. そんな名前のチョウだったんですね


この写真仲良く吸っている感じがして好きです。
2枚目は対角線上にチョウがいる感じがして構図も面白いと思います。
色合いも好きです。

2010.02.07(Sun) 23:42 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:無題


>南風さん
セセリチョウの見分けは難しいですね・・・
イチモンジセセリ、コチャバネセセリにチャバネセセリ、オオチャバネセセリ・・・たまに写真を撮ってもこんがらがってしまいます。

2010.02.08(Mon) 17:02 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:そんな名前のチョウだったんですね


>青菊さん
対角線にとまっている感じ、不思議ですよね。
実際に対角線にいた方が蜜を吸いやすかったのかもしれませんね。秩父の山奥での一こまでした(笑)。

2010.02.08(Mon) 17:05 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
641位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
71位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑