ヤブキリ

2010.02.12(Fri)

未公開画像からの蔵出しシリーズ、ついに第九弾まできました。


一応、「リアルタイムから一週間以上遅れないこと」、「一日に観察した生き物から取り上げるのは三種類以内にすること」というのを自分の中で決めてやってきていたので、冬の間はこのようにけっこう写真の貯えがあるわけです。冬に備えて夏貯える。今後も齧歯類式で運営してまいります。


さて、キリギリス科のヤブキリに関しては、過去に生まれたての幼虫終齢幼虫 と取り上げ、成虫がまだでした。ジャーン。これが成虫です。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090703 千葉市若葉区)


草食昆虫として生まれるヤブキリは、成長するとともに肉食性が次第に強くなり、このような成虫になると、肉食性の強い雑食、というあたりにまでなります。写真を拡大すると前肢の棘がお分かりになるかと思いますが、これで他の昆虫を抱きしめるように捕え、食べるのです。顎もなかなか強力で、噛まれると痛いので気をつけましょう。


体長は約5cmほど。刀のような長い産卵管が、雌であることを物語っています。



▽ヤブキリの過去の記事はこちら からどうぞ(携帯では正常に表示されない場合があります)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・バッタ目

17:32 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
650位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
72位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑