ツバメの営巣

2010.02.21(Sun)

本日は高校の部活の同期の仲間の結婚式に列席しておりました。Kくんおめでとう。


せっかくだからここにもなんかめでたそうなものを取り上げておきましょう。未公開画像からの蔵出し第十六弾、ツバメ の営巣です。色も白と黒でちょうどいいです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090607 千葉市中央区)


よく知られる通り、ツバメの巣は泥と繊維でできています。夫婦交代でせっせと材料を運んでは工事です。中央区ってなってますが、実はこれ、某駅の入り口正面付近だったのです。非常に大勢に見られていたと思うので「これは、あれか」とピンと来た方もいるでしょう。ツバメはむしろ好んで人気の多いところに営巣します。これは、人間の近くにいることで、カラスなどの天敵から身を守ろうという一種の逆転の発想に由来すると言われています。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20090607 千葉市中央区)


ツバメの巣が家にあるのは縁起のいいものだと言われます。ツバメの親はこれまた交代で雛に、ほとんどエンドレスで餌を与え続けます。その餌はもっぱら昆虫ですから、農業害虫の駆除という点から見ても、ツバメは古来、まごうかたなき益鳥だったのです。



▽ツバメの過去の記事はこちら からどうぞ(携帯では正常に表示されない場合があります)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

23:47 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
63位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑