ウシガエルのオタマジャクシ

2010.03.05(Fri)

湿地の浅い水と落ち葉の上を、大量のデカいオタマジャクシがピンピンと跳ね回っています。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER 

(20100301 千葉市若葉区)


こんな大きいのはもちろん、まごうかたなきウシガエル のオタマジャクシです。ウシガエルは在来の多くのカエルと異なり、このオタマジャクシの形態で越冬し、夏に変態して成体となります。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100301 千葉市若葉区)


ウシガエルは何でも食べ、繁殖力も強く、環境変化にも強いため、在来のカエルを初めとする生態系に凄まじいダメージを与えており、特定外来生物に指定されています(これは世界各地で同じような問題が起きているようです)。許可なく飼育・放逐することは法律で厳しく禁じられています。ただし、捕まえて食べるのは禁じられていません。別名食用ガエル。そもそも最初に北米から日本に入ってきたのも食物としてです。ここ千葉市郊外のようにウシガエルがはびこる地域では、根絶やし目指して徹底的に捕獲し、カエル料理で地域起こしを試みてはどうだろうかと思うのですが。



▽ウシガエルの過去の記事はこちら からどうぞ



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 両生類

20:22 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ぷらっち #79D/WHSg

1. なんでこんなところに?


水がなくなっちゃったんですか?
それともこの程度の湿地なら生きていけるんでしょうか?でもおたまじゃくしだから、普通は水の中ですよね?

やっぱりカエル料理の屋台でも出して儲けますかγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

2010.03.05(Fri) 20:51 | URL | EDIT

南風 #79D/WHSg

2. 大好きなんです


ウシガエルの肉、大好きです。
何も言われずウシガエルの肉を焼いてだされたら、鶏の肉に間違うくらいですね。
宮崎では、ウシガエルの焼いたのを「ケロヨン」と言っていましたよ。

2010.03.05(Fri) 22:00 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:なんでこんなところに?


>ぷらっちさん
急に水がなくなる場所でもないので、私にも謎です・・・。水たまりと水たまりの間の場所なので、ウナギやドジョウみたく少しなら移動するでしょうか・・・

屋台、いいっすね(笑)。儲けたいなあ。

2010.03.06(Sat) 19:56 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:大好きなんです


>南風さん
あれ、おいしいですよねえ。
淡白だけど地味があって、栄養も豊富そうです。「ケロヨン」と呼ぶのは知りませんでした。宮崎にもウシガエルは多いのですね。

2010.03.06(Sat) 19:57 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑