フキの花

2010.03.12(Fri)

日当たりの良い土手でフキノトウがだいぶ伸び、花らしくなってきました。思えば二年前にこのブログを始めたとき、最初に取り上げたのがフキノトウ でした。結果としてなんだか、約二週間分の成長を追うのに二年と二週間かかったような格好になってます。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100311 千葉市若葉区)


フキには雌雄異株で雄株と雌株がありまして、この写真のは雄花です。けっこう形が違うので、見ればすぐ区別がつきます。雌花は白く、開花するとまるで、一つ一つの花が筆の先っちょのようです。


日本においては恐ろしく古い時代から食用として用いられてきた歴史があり、「和名類聚抄」という平安時代の辞典にもばっちりと掲載されています。この辞典を編纂したのは、三十六歌仙の一人にして、博覧強記を誇る当代きっての学者としても知られた源順(みなもとのしたごう)。フキを食べたら私もあやかれるかな?<無理



▽フキの過去の記事はこちら からどうぞ



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

20:50 | Comment(6) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ぷらっち #79D/WHSg

1. そうなんですか~


雄花と雌花があるとは気付きませんでした(;^_^A
明日庭のふきのとうを見てみます♪
味は・・・まさか一緒ですよね?
私にはどれも美味しく感じます~

2010.03.12(Fri) 22:15 | URL | EDIT

うりゅう #79D/WHSg

2. ふき


こうやってみるとキクの仲間ですね
綿毛の時期になるとフキノトウの面影はありません
タンポポの親戚なのを実感できます

2010.03.12(Fri) 22:29 | URL | EDIT

青菊 #79D/WHSg

3. 花


初めて花をみました。
…そりゃ花も咲きますよねぇ…
私は食べ物とばかり思っていました(笑)。

それだけ物識りならあやからなくても大丈夫では?

2010.03.12(Fri) 23:09 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:そうなんですか~


>ぷらっちさん
場所によって、雄花ばっかりのとこと雌花ばっかりのとこがあったりして興味深いです。

味、是非食べ比べ実験を行なっていただく方向で(笑)。

2010.03.13(Sat) 17:40 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

5. Re:ふき


>うりゅうさん
フキの綿毛って、なんだかタンポポより切ない感じがして好きです。
飛び方なんかもどことなくけなげな感じがしますね。

2010.03.13(Sat) 17:45 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

6. Re:花


>青菊さん
咲くんですよ、花、食べ物でも(笑)。

私はうわべの知識だけなので精進あるのみです。

2010.03.13(Sat) 17:46 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑