フキの雌花

2010.03.14(Sun)

一昨日、フキの雄花を取り上げた ので、今日は雌花です。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100313 千葉市若葉区)


比べれば一目瞭然ですね。雌花は糸状の花柱が多数並んでいて、筆か刷毛の先端のようです。また、少し離れると、色自体、雄花より白く見えます。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20100313 千葉市若葉区)


ご覧のような、日当たりが良く、少し水気のある川沿いの土手などに多いです。ただし、この写真の場所のをもいでくるのは命がけです。コンクリートの三面張りの水路の、奈落みたいなちっちゃな滝の向こう側で、渡るための橋もないから・・・



▽フキの過去の記事はこちら からどうぞ



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

20:15 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

青菊 #79D/WHSg

1. 気を付けてくださいね


落ちたら入水自殺にされちゃいますよ(笑)。
気を付けてください。

雄花と雌花で印象が違いますが、裸子と違ってどことなく似ていますね。
どちらもきれいだと思います。

2010.03.15(Mon) 16:46 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:気を付けてくださいね


>青菊さん
そうすると周りの人たちが「彼女もおらず金回りも良くなかった、将来に絶望したんだろう」とか言い出したりして(笑)。

食べられるということを抜きにしても、フキはとっても綺麗ですよね。

2010.03.15(Mon) 18:01 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑