セスジユスリカ

2010.03.17(Wed)

既報の通り、ニホンアカガエルの卵塊を拾ってきて育て始めました。


その際、卵塊と一緒に、田んぼの水と泥をすくいとってきました。従って現在、飼育ケースの中には、藻類、小さな巻貝、なんだかよくわからない環形動物などがオタマジャクシと一緒に動き回っている姿が見てとれます。


中にはこんなのも混ざっており、飼育ケースから羽化しやがりました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100315 千葉市若葉区)


セスジユスリカです。ユスリカは、見るからにカみたいなスタイルをしていますが、カはカ科、ユスリカはユスリカ科であり、少し違う生き物です。人を刺して血を吸ったりすることもありません。よく、水辺で「蚊柱」をつくっているのがこの仲間です。


セスジユスリカの幼虫は、いわゆる「アカムシ」というもので、釣りの餌とかに用いるやつです。私はそれを泥と一緒に持ち帰ってきたというわけですね。


セスジユスリカは成虫に羽化した後はほとんど何も食べず、寿命も数日から一週間程度だそうです。次代に子孫を残すためだけに成虫となり、空にはばたくというあのパターンです。掌で包んで窓の外に出すと、ふらふらと飛んでいきました。さよなら。もう会うこともないだろうけど、お互い頑張って生きようね!



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハエ目

20:54 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑