イタドリハムシ出現

2010.03.20(Sat)

成虫越冬の虫たちが、いよいよ太陽の下に這い出してくる季節です。イタドリハムシ もまた、春の訪れとともに姿を現す虫のひとつです。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20100319 千葉市若葉区)


大きさ、模様ともテントウムシ的な、なかなか派手なハムシです。名前の通り、成虫・幼虫ともにイタドリ を中心とした食性であるため、イタドリやスイバ などのあるところならどこにでも発生します。つまり、里山ではまことに普通に見られる虫だということです。


でも見たことないよ?という方は、イタドリやスイバの生えた草むらがあったら、ちょっと腰を下ろして視線を低くしてみましょう。きっと出会うことができます。体長は7mm程度です。



▽イタドリハムシの過去の記事はこちら からどうぞ



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

18:19 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
600位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。