マイマイガの幼虫

2010.04.12(Mon)

昨年の夏に産卵し一冬を乗り越えたマイマイガの卵塊 が、いよいよ孵化いたしました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100409 千葉市若葉区)


ちっちゃな毛虫がわらわらと出てきています。この卵塊がある場所は地上2.5mくらい。油断すると毛虫が落っこちてくるので、気をつけて撮影。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20100409 千葉市若葉区)


マイマイガの幼虫は基本的に無毒とされているものの、このような初齢幼虫には若干の毒針毛があります。うっかり触るとかぶれたりとかする可能性もあります。


こうして孵化した幼虫は、夏に成虫に羽化し、羽化後は餌さえも食べず、交尾、産卵が終ると地面に落ちて死ぬのです。正直、私はいまだに毛虫ってちょっぴり苦手なのですが、一つの生き物の世代のサイクルひとつ分をこのブログで記録できたことは、これまたちょっぴり嬉しく思っています。



▽マイマイガの過去の記事はこちら からどうぞ



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

17:20 | Comment(6) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

南風 #79D/WHSg

1. 無題


毛虫は苦手じゃないけど、こんなにいたらやっぱり引いてしまいますね。
いったい何頭の幼虫が誕生するんでしょうかね。

2010.04.12(Mon) 18:42 | URL | EDIT

あしゅりん #79D/WHSg

2. マイマイ


いまごろあちこちでマイマイガの幼虫が飛び立っているのですね。
ドクガ科の幼虫は凄い面構えの奴が多いですが、マイマイガの終齢幼虫は飛び切りですよね。
なんとなく、ニューギニア奥地の部族のシャーマンという感じがします。偏見ですが。

2010.04.12(Mon) 22:22 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:無題


>南風さん
一つの卵塊には数百個の卵が入ってるそうです・・・やっぱりちょっと引いてしまいますね^^;

2010.04.13(Tue) 17:42 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:マイマイ


>あしゅりんさん
なんかもう「酋長」って感じですよね。顔も佇まいも。

この時期、大発生して問題になる地域もあるみたいですね。「酋長」になるまで生き残れるのはどのくらいなのかなあ。

2010.04.13(Tue) 17:44 | URL | EDIT

あしゅりん #79D/WHSg

5. 毎年マイマイ


『とりぱん』という、東北在住の作者による生き物観察マンガがあるのですが、それによると作者の住む地域はマイマイガの大発生によりえらいことになっているようです。
卵の数が多い、食性が広い、一齢幼虫のときに糸で飛べる、というあたりが大発生の理由でしょうかね。
あ、『イモムシハンドブック』購入しました。
なかなか面白いですよ。

2010.04.13(Tue) 19:07 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

6. Re:毎年マイマイ


>あしゅりんさん
岩手で毎年大発生・・・というニュースを私も読んだことがあります。この写真の幼虫も、なにやら空を飛んでいるようです。

おっ、「イモムシハンドブック」。やはりおもしろいんですね。

2010.04.14(Wed) 17:59 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑