ヒメアメンボ

2010.04.18(Sun)

アメンボってね、意外と接写するの難しいんですよ。だってすぐ逃げるんだもん。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20100413 千葉市若葉区)


ヒメアメンボは、千葉の田んぼで一番、普通に見られるアメンボです。体長はざっと1cmあるかないか。池や沼からただの水たまりみたいなところまで、幅広い水辺で出会えます。


アメンボの仲間は、脚に生えている細かい毛が水を弾くことを利用し、表面張力によっていわば「水の上に立つ」ような格好で移動するところに特徴があります。カメムシ目に属しており、なんとなく平和でのんきそうに見えますが、その正体は獰猛な肉食昆虫です。水面に落ちた生き物に鋭い口吻を突き刺し、消化液を注入して中身を吸い取って暮らしているのです。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・カメムシ目

18:15 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

うりゅう #79D/WHSg

1. なつかしいです


昔ほどたくさん見ませんね
子供のころは水たまりにママレモンを落として溺れさせたり
乾いた道路に置いて無理やり飛ばせたり
酷いいたずらをしました

かなり頻繁に飛ぶので逃げ出しやすい昆虫ですね
僕のウォーターガーデンには居付いてくれません

2010.04.18(Sun) 20:19 | URL | EDIT

あしゅりん #79D/WHSg

2. 匂い


一度その甘い匂いを嗅いでみたいと思っているのですが…。
あと、アメンボと言えば、いつかウミアメンボを見てみたいものです。

2010.04.18(Sun) 21:17 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:なつかしいです


>うりゅうさん
そうそう、油落とすと溺れるんですよね、これ(笑)。

うちのほうではアメンボも減りましたが、タイコウチやミズカマキリのような水生カメムシをめっきり見なくなりつつあります。寂しいですね。

2010.04.19(Mon) 17:54 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:匂い


>あしゅりんさん
甘いかはわかりませんが、確かに匂うんですよね。
ウミアメンボはまだわかっていない部分が多いそうで、新種も出てきそうですね。陸も見えないところで暮らす外洋性アメンボ・・・不思議です。

2010.04.19(Mon) 17:57 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
826位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
78位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑