シマヘビ

2010.06.02(Wed)

少し前までは千葉市の郊外で非常にポピュラーなヘビであったはずのシマヘビは、近年かなり減少している印象です。それは、今までこのブログで幼蛇を一回取り上げた だけだということでもお分かり頂けると思います。エキゾチックな幼蛇もいいですが、おとなのシマヘビも美しいヘビです。


畦道の端でこちらを睨んでいました。

DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100531 千葉市若葉区)


写真左、二股に分かれた舌が口から出かかっていますね。体長は1mちょいくらいでしょうか。シマヘビも条件さえ良ければかなり大きく成長し、伊豆諸島の無人島では、海鳥の卵を食べて2mに達する個体もいるそうです。ただし、同じ長さだとアオダイショウ よりシマヘビのほうが細く感じます。


カエルやネズミ、トカゲなどの他、他種のヘビも捕食します。中には真っ黒い個体もいて、カラスヘビと呼ばれます。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20100531 千葉市若葉区)


シマヘビの中には意外に攻撃的な性質のものもいて、捕まえようとすると咬まれることもあります。もちろん無毒ですがそれなりに痛いので注意しましょう。また、毒はなくても口の中にいろんな菌はいるかもしれません。よく洗いましょう。この写真のヘビは、尻尾の先で激しく地面を叩き、私を威嚇してから去っていきました。たまに「日本の野外でガラガラヘビを見た」なんて人がいますが、だいたいは在来のヘビのこういった行動を誤認したものだと思われます。

▽シマヘビの過去の記事はこちら からどうぞ



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト

Category: 爬虫類

12:39 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ぷらっち #79D/WHSg

1. 美しいですね~


随分黄色い個体ですね^^
こんな色のシマヘビもおしゃれでいいですね♪
あ~めっちゃ欲しい!!!!
でも穏やかな性格の子じゃなきゃイヤですけど^^;;
カラスヘビも見てみたいですね。
出会って「あ~~~~~~!!!!」って言ってる間にいなくなっちゃうんだろうなぁ(;^_^A
ちゃんと写真が撮れちゃうtakさんは凄いと思います!!

2010.06.02(Wed) 13:27 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:美しいですね~


>ぷらっちさん
カラスヘビ、最近めっきり見ませんねえ。
シマヘビは日光の下で見るとキラキラしてますよね。美しいです。
あまり出会わず、出会ってもすぐ逃げられてばっかしだったので、写真が撮れて嬉しいです。

2010.06.03(Thu) 18:20 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
59位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑