マガリケムシヒキの交尾(雌は食事も)

2010.06.06(Sun)

マガリケムシヒキの交尾 については、昨年一度取り上げました。しかし今回のは少し様子が違っています。交尾中にもかかわらず、雌がカゲロウの仲間を食べているのです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100605 千葉市若葉区)


これまで様々な昆虫の交尾を見てきましたが、コカマキリヤマトシリアゲ などでブログにも掲載したように、昆虫の雌には交尾中でもものを食べられる能力を持っているのがいます。そのヤマトシリアゲの場合、雄は雌のその能力を利用し、雌に食べ物をプレゼントし、食べている間に交尾を済ませてしまうというすごい方法を用いたりもします。このたいへん即物的な方法のことを「求愛給餌」とか「婚姻贈呈」とかいい、オドリバエなど、ムシヒキアブと同じハエ目の昆虫でもこれを行うことが知られています。さて、マガリケムシヒキもこれをやることがあるのでしょうか。それとも、たまたま雌が食事しているところで雄が通りかかったのでしょうか。



▽マガリケムシヒキの過去の記事はこちら からどうぞ



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハエ目

18:25 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑