クロナガオサムシ

2010.06.09(Wed)

オサムシの仲間は、刺したりしないし咬みついたりもまずしません。しかし、だからといって素手で取り扱うことは推奨いたしかねます。なぜなら、とてもくさい臭いを出すからです。


このクロナガオサムシなどは、その中でもかなりくさい方に属します。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100609 千葉市若葉区)


水中に落ちてるところを地面に上げてやろうとして、お尻からの分泌液をプシュっとやられました。水に浸かってたから大丈夫だろうと思った私が非常にアサハカでございました。今は反省しています。その後水で洗っても石鹸で洗っても臭いがとれず、服を全て着替えシャワーまで浴びましたが、八時間ほど経過した現在、まだくさいような気がします。一本とられました。


体長3cmを越える、かなり大きなオサムシです。お尻からの分泌液は酸性であり、くさいだけでなく痛みを覚える場合もあります。目などに入らないように十分注意しましょう。しかし、くさいからといって殺虫剤をかけて殺すようなことは、より一層推奨いたしかねます。ファーブル昆虫記で「庭の番人」と呼ばれる通り、イモムシやナメクジなどを積極的に捕食し、小動物の死骸なども掃除してしまうオサムシは、農業や園芸の強い味方でもあるのです。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

22:12 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

青菊 #79D/WHSg

1. 臭い


幸か不幸か、オサムシの仲間に出会ったことがありません。
とてもくさい臭いとはどういう系の臭いですか?酸っぱい系とか…。

手に分泌液をかけられたとき、ささくれとかあったらかなり痛そうですね。

2010.06.10(Thu) 12:13 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:臭い


>青菊さん
いや、参りました。ほんとに臭いが落ちなくてですね。

形容するのは難しいですが、酸の臭いです。オサムシ自体は好きなのですが、これからは気をつけて取り扱いたいと思います。

2010.06.10(Thu) 14:57 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑