ナミテントウの羽化

2010.06.26(Sat)

午前11時。鉢植えのランで羽化中のナミテントウ を見つけました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100622 千葉市若葉区)


蛹から出たばかりの成虫は、キイロテントウよりもっと透き通った美しい姿です。かすかに斑紋らしきものが見えていますね。千変万化のいろいろな斑紋パターンを誇るナミテントウ。さて、このひとはどんな色と模様になるのでしょうか。


一時間半を経過。おお、黒味が出てきました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100622 千葉市若葉区)


そして二時間半経過。どうやら黒地に黄色二紋+細かい模様がいくつか入ったタイプのようです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100622 千葉市若葉区)


三時間経過。だいぶ色が定着してきましたね。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20100622 千葉市若葉区)


私は残念ながらこの後の観察できなかったのですが、完全に色が定着するまでにはここからさらに数時間がかかるそうです。羽化というのは相当に命がけなのですね。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

21:37 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

りり #79D/WHSg

1. 無題


takさん、こんばんは。

テントウムシの羽化、見たことなかったです。
きっと本物の色合いはきれいだったでしょうね。
命がけという文章に感激しました。

2010.06.26(Sat) 22:09 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:無題


>りりさん
こんばんは。

羽化したてのは透き通っていてとても綺麗でした。
昆虫を見ていると、生き物って本当に死と隣り合わせなんだなあと思います。私も一日一日を大切に生きたいです。

2010.06.27(Sun) 17:19 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
44位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑