ヒメゲンゴロウ

2010.06.27(Sun)

梅雨時、川や用水路が増水すると、普段水の中にいる生き物が濡れた地面を移動することがあります。ドジョウ やウナギのような魚類でさえ、時には陸に上がって這いますし、カメやカエルなどは言わずもがなです。


夕暮れの農道のアスファルトの上を、ヒメゲンゴロウが横切ってゆきます。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100623 千葉市若葉区)


方角から言うと、田んぼから出て、農道を挟んで反対側の溝へと向かっているようです。泳ぐ、飛ぶばかりがクローズアップされるゲンゴロウの仲間も、歩くことだってできるのです。


ヒメゲンゴロウは、体長1cm少々。コシマゲンゴロウ と並び、市内の田んぼの周辺ではかなり普通に見られるゲンゴロウです。前翅の模様がまるで工芸品のようですね。食性はもちろん肉食。水中で他の生き物を襲ったり、死骸に群がったりするのです。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

17:21 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
44位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑