クヌギの木のコクワガタ

2010.06.29(Tue)

いよいよカブトムシ、クワガタのシーズンが到来しつつあります。日本でもっともポピュラーなクワガタ、コクワガタ がクヌギの木の樹液に集まってきました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100628 千葉市若葉区)


皆様ご存知の通り、クワガタというのは幼虫時代の栄養等によって体格の変異が大きく、コクワガタといえども、大きな雄はノコギリクワガタ の小さいやつより大きくなりなかなか立派です。私など子供の頃は、ノコギリクワガタやミヤマクワガタなど捕まえにいき、結局コクワガタしかとれなかったりすると「ちきしょーめ」という感じで不機嫌に帰るくらい、どこにでもたくさんいました。全体にクワガタが減少した今でも、やはり最も出会いやすいクワガタであることは間違いないでしょう。成虫で越冬し、時には数年も生きる個体さえいるという長生きなクワガタでもあります。


それにしてもこのブログ、何か最近、甲虫の記事ばかりずっと続いていますね。実際のところ、「もし神様が全ての生き物をお造りになったのなら、よっぽど甲虫が好きだったんだ」というジョークがあるくらい、昆虫の中でも甲虫というのは種類が多いのです。本当にすごく多いのです。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

17:20 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑