ベニシジミ夏型

2010.07.02(Fri)

寒冷地では年に二回、あったかければそれ以上の回数発生するベニシジミには、夏型と春型があります。春型については、一昨年の記事、こちら を見ていただきたいのですが、夏型はそれよりも翅に黒い部分が大きく、全体に渋い印象なのです。これは、幼虫時代の日照時間の長さと関係があるのではないかと言われています。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100630 千葉市若葉区)


近年、地球温暖化に伴うと思われる、南方系のチョウの北上が取り沙汰されています。このベニシジミは北方系のチョウで、仲間はアジア大陸、北米大陸に広く分布しています。わりあいゆっくりと翅を開いてくれるので、写真を撮りやすく、ありがたいチョウです。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

17:12 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
600位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。