DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コノシメトンボ

一口に「赤とんぼ」と申しましても、その内情はたいへん複雑なのです。千葉市内でわりあい普通に見られる種だけでも、アキアカネナツアカネマユタテアカネ 、マイコアカネ、ショウジョウトンボノシメトンボ 、そしてこのコノシメトンボ、全て「赤とんぼ」です。これらの見分けがつくようになると、トンボを見るのも非常に楽しくなってきますよ。


コノシメトンボは、その名の通りノシメトンボによりほんの少し小さく、かつ幅が広いので「短い」感じを受けます。しかし全体としてはとてもよく似ています。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100704 千葉市緑区)


決定的に違うのは、「翅胸」、胸部側面の模様です。言葉だけで説明しようとするとすごく長くなるので、こちらのページ などご覧ください。さらに詳しく知りたい方は、「ノシメトンボ コノシメトンボ 翅胸」とかで検索すればたくさんの詳しいページが出てきます。つくづく便利な時代になったものです。


※コノシメトンボ

千葉県レッドリスト・D(一般保護生物)

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)


なお、私事ですが、来週土曜日、17日に、詩人のイダヅカマコトさんと共同で、千葉市栄町のWiCANアートセンターにおきまして、オープンマイクの朗読イベント、「千葉詩亭・第五回」を開催いたします。もしご都合の宜しい方は、どうぞお気軽においでください。


イベント詳細はこちらからどうぞ。


(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/07/11 18:55 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。