コノシメトンボ

2010.07.11(Sun)

一口に「赤とんぼ」と申しましても、その内情はたいへん複雑なのです。千葉市内でわりあい普通に見られる種だけでも、アキアカネナツアカネマユタテアカネ 、マイコアカネ、ショウジョウトンボノシメトンボ 、そしてこのコノシメトンボ、全て「赤とんぼ」です。これらの見分けがつくようになると、トンボを見るのも非常に楽しくなってきますよ。


コノシメトンボは、その名の通りノシメトンボによりほんの少し小さく、かつ幅が広いので「短い」感じを受けます。しかし全体としてはとてもよく似ています。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100704 千葉市緑区)


決定的に違うのは、「翅胸」、胸部側面の模様です。言葉だけで説明しようとするとすごく長くなるので、こちらのページ などご覧ください。さらに詳しく知りたい方は、「ノシメトンボ コノシメトンボ 翅胸」とかで検索すればたくさんの詳しいページが出てきます。つくづく便利な時代になったものです。


※コノシメトンボ

千葉県レッドリスト・D(一般保護生物)

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)


なお、私事ですが、来週土曜日、17日に、詩人のイダヅカマコトさんと共同で、千葉市栄町のWiCANアートセンターにおきまして、オープンマイクの朗読イベント、「千葉詩亭・第五回」を開催いたします。もしご都合の宜しい方は、どうぞお気軽においでください。


イベント詳細はこちらからどうぞ。


(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

18:55 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
764位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
79位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。