シロオビアワフキ

2010.07.14(Wed)

体長1cmと少々。どことなく小さなセミのような姿のこの虫は、シロオビアワフキです。アワフキムシの仲間は実際、セミと同じカメムシ目のヨコバイ亜目なのです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100710 千葉市若葉区)


翅にある白い幅広の帯状の模様から、「白帯」アワフキというわけです。武道とは関係ありません。修行して強くなっても「茶帯アワフキ」「黒帯アワフキ」などになるわけではもちろんありません。ただし、クロスジアワフキという種はあります。


では「アワフキ」というには何かというと「泡吹」で、アワフキムシの幼虫は白い泡を作り、この中で植物の汁を吸って生育することからそのように呼ばれているわけです。シロオビアワフキはアワフキムシの中でもメジャーな方に属し、日本全国に分布しています。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ







関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・カメムシ目

20:59 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑