ヤブカンゾウ@川村記念美術館

2010.07.20(Tue)

ヤブカンゾウ もやはり満開です。昨日の記事に引き続き、川村記念美術館の自然散策路から。蓮池の周りにいっぱい咲いていました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100718 佐倉市)


写真を撮っていたら、通りすがりの人に「あら、これニッコウキスゲですか?」と訊ねられました。まあ確かに同じワスレグサ属なんですが。


ワスレグサ、「忘れ草」って不思議な名前ですね。中国語だと、もともとは「忘憂草」、つまり、憂いを忘れさせてくれる草っていう意味だったんです。


・・・しかし、暑い日が続きますね。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

19:05 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

うりゅう #79D/WHSg

1. わすれぐさ


最近はワスレグサ類もヘメロカリスとして逆輸入されていますね
日本で顧みられないのに欧米では育種が盛んです

ユウスゲなどの季節ですが
日本人は野に咲くのを愛でるほうが好きなのかもしれません
風流と言う感覚は日本だけの物ですね

2010.07.20(Tue) 23:31 | URL | EDIT

青菊 #79D/WHSg

2. 忘憂草


同じカンゾウという名前でも佐渡でたくさん咲いているトビシマカンゾウと雰囲気が違う花ですね。(トビシマカンゾウはニッコウキスゲととても良く似た花です。)

忘憂草…確かに憂いを忘れそうです。
1つの野原にカンゾウがたくさん咲いているのを見ると気持ちがいっぱいになって、憂いなんてどうでもよくなります。

2010.07.21(Wed) 12:15 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:わすれぐさ


>うりゅうさん
風流ってほんとに海外では理解されにくい面があるようですね。

私の友人がアメリカのホームステイ先で、夜に「虫の声がしますねえ」って言ったら、「あら大変!殺虫剤まかなきゃ!」って言われたんですって(笑)。

2010.07.21(Wed) 19:21 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:忘憂草


>青菊さん
ヤブカンゾウは水辺の林縁なんかに並んで咲いているとほんとに綺麗ですね。

トビシマカンゾウは見たことがありません。最近、自分が「地元の生き物以外全然知らない」ということに思い当たり、勉強しなきゃなーと思ってます。

2010.07.21(Wed) 19:22 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑