クサガメ、水底の泥にもぐる

2010.07.23(Fri)

水深のごく浅い、水たまりのような池で、甲長20cm弱くらいのクサガメ を見つけました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100723 千葉市若葉区)


顔はこうです。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20100723 千葉市若葉区)


ボーっとしてくれているのをいいことに、ついつい手でつかめるほどの距離まで近づいてしまいましたが、いくらなんでも近づきすぎたようです。カメは何やら、戦車の「超信地旋回」みたいな動き・・・その場でくるくると回転し始め、泥にもぐり出しました。


泡がぶくぶくと立ち、カダヤシがいっぱい集まります。一分ほど経ち、カメが動きを止めると、ご覧の状態。見事に身を隠すものです。これでは、たまたま通りかかってもどこにカメがいるのかさっぱり分かりませんね。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20100723 千葉市若葉区)


とは言えカメは肺呼吸。しばらくすると泡が立ち・・・


DAYLIGHT RAMBLER  

(20100723 千葉市若葉区)


あ、顔だけ出た。おどかしてゴメンね。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100723 千葉市若葉区)


日頃、野生のカメを目にする機会というと、どうしても日光浴をしているところか、水面近くを泳いでいるところが多く、なかなか水中で何をしているのかはわかりにくいです。しかし、実際にはクサガメにしろイシガメにしろ、水中で過ごす時間のほうが当然ながら長く、そこで採食を行い、求愛や交尾をし、冬眠さえ水底の泥や落ち葉の中なのです。そういった水中における野生のカメの行動もいつか映像にしてみたいですね。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト

Category: 爬虫類

17:16 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑