DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オオシオカラトンボの交尾

林縁の溝の上で、オオシオカラトンボ がつながっています。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20100726 千葉市若葉区)


上の、全身シルバーブルーのが雄、下の黒地に黄色のが雌です。トンボの交尾というのは、どうしてもこういうふうに、雄が交尾器で雌の頚部を捕まえる「連結」から始まります。なんだか首吊りみたいで、時々雌が気の毒になります。


少し上方の木の枝に移動し、いよいよ交尾開始です。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100726 千葉市若葉区)


トンボの交尾が、お尻とお尻をくっつけ合う形にならない理由は、先日アジアイトトンボの交尾の記事 で説明させていただきました。トンボの雄は、腹部前端付近に精子を貯めておく場所がありまして、雌はここにお尻をあてて精子を受け取るというわけです。雌はこの後、水面に激しく打ちつけるような「連続打水産卵」を行い、雄はしばしばその上空を飛びながら雌を守ります。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/07/26 16:59 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。