クロアゲハ

2010.08.03(Tue)

ほんの数年前まで、クロアゲハは、千葉市に生息する黒色のアゲハチョウの中ではもっとも普通に観察できる種でした。しかし最近、温暖化に伴い北上してきたナガサキアゲハが爆発的に増加しており、その勢力分布図は大きく変りつつあります。チョウの仲間においては、温暖化による影響は実にわかりやすく示されていると言えると思います。わずか20年前、千葉にはナガサキアゲハもツマグロヒョウモンもいなかったのです。

ご自宅の庭にミカン類の木など生えている方は、ひとつ注意してご覧になってみてください。「今年もクロアゲハが来てるね」と思ったそのチョウは、かなりの確率でナガサキアゲハに置き換わっている可能性があります。何、見ればすぐわかります。ナガサキアゲハには、後翅の尾状突起、というと難しそうですけど、翅のお尻から突き出ている尻尾みたいな部分がありませんから。

さて、この日は林縁で綺麗なクロアゲハに出会いました。

$DAYLIGHT RAMBLER 
(20100801 千葉市若葉区)

湿地に舞い降り、吸水を開始します。

 
(20100801 千葉市若葉区)

小刻みにはばたきながら水分を補給し、同時的に排泄もします。単に水分を補給しているだけでなく、ミネラルの補給や体温調節など、様々な目的があるようです。クロアゲハやカラスアゲハは、時には集団をなして吸水することもあり、それはなかなか幻想的な光景です。残念ながら、そういった光景は少しずつ見る機会が少なくなってきているのですが・・・

静止画も一枚。

$DAYLIGHT RAMBLER 
(20100801 千葉市若葉区)

はからずも、「排泄中」のところでした。失礼いたしました。


(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

18:42 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

南風 #79D/WHSg

1. こちらでは見ませんねえ


クロアゲハ、こちらではまったく見なくなりましたね。
宮崎が暖かくなって、住みにくくなったのでしょうか。

こちらではナガサキアゲハ、カラスアゲハ、ジャコウアゲハ、モンキアゲハの棲み分けですね。

2010.08.03(Tue) 21:01 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:こちらでは見ませんねえ


>南風さん
各地でチョウ相が変化しているのですね。

「黒いアゲハ」にも、クロアゲハ、オナガアゲハ、カラスアゲハ、ジャコウアゲハ、モンキアゲハ、ナガサキアゲハなどがいるという多様性を維持した日本列島であって欲しいとも思います。

2010.08.04(Wed) 09:52 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑