マイコアカネ

2010.08.10(Tue)

マイコアカネです。トンボ愛好者の中には、道端でこれに出会うと「まいこちゃ~ん」と呼びかける人もいるとかいないとかいう噂。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100809 千葉市若葉区)


実際には、マイコアカネの「マイコ」とは、人名の「舞子」ではなく「舞妓」からきています。成熟した雄のマイコアカネは顔が青白く染まり、それを舞妓のお化粧になぞらえてそのように名づけられているそうです。従って、呼びかけるときは「舞妓は~ん」と呼びかけるのが正解かと思われます。どうでもいいですが。


いっぽう、雌ではこの写真のように「眉斑」があり、マユタテアカネ に類似していますが、マユタテアカネとは翅胸の模様が異なり(特に正面から見ると見分けやすいです)、サイズもわずかに小型です。千葉市内では分布は局所的な感があり、個体数も他のアカネ類と比べ多くありません。


※マイコアカネ

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

21:33 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑