アブラゼミの交尾・2010

2010.08.15(Sun)

昨年のこの時期も、長生郡長柄町で撮影したアブラゼミの交尾シーンを掲載 いたしました。長柄町には母の実家がありまして、毎年お盆になるとここにお墓参りに来るというわけなのであります。


今年も、母の実家の裏庭のケヤキの木で、交尾しているアブラゼミを発見して撮影したのですが、よく見るとこれが・・・


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100814 長生郡長柄町)


一匹割り込んでます。


何しろ六年間土の中におり、成虫になってからの寿命はほんの二、三週間。その間に子孫を残さねばならないのですから、これは真剣です。


昆虫に限らず、小動物を撮影するのに、比較的逃げられずに近寄れるシチュエーションが四つあります。すなわち、交尾、食事、喧嘩、排泄の最中です。生命の維持、子孫繁栄のために、それらの行動こそは外敵に対して無防備になってでも遂行しなければならない大切なものなのでしょう。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・カメムシ目

18:04 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
650位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
72位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑