ベニシジミの交尾

2010.08.16(Mon)

昨日の記事 の続きです。裏庭から表に回ると、今度はベニシジミ が交尾していました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100814 長生郡長柄町)


こうなる前には、雄による求愛行動とか、雌が雄を気に入らなければ拒否したりとかいろいろあるのですが、いったん合体してしまうと、動きのない、とても静かな交尾です。ベニシジミは個体数の多い、草原や田畑で普通に見かけるシジミチョウですが、年に複数回発生するにもかかわらず、交尾は物陰で行われていることが多く、あまり目にする機会がありません。私もじっくり撮影できたのはこれが初めてでした。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

18:13 | Comment(3) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ぐりろたるぱ #79D/WHSg

1. 無題


おじゃまんぼ。

幼い頃から見慣れていたベニシジミ、
私にとっては、いたってフツウの蝶と感じした。
ところが7年あまりの沖縄暮らしでベニシジミを
見ることも無く、宮崎で久しぶりに再会したときには
こんなに美しい蝶だったのか!と感動してしまいました。
身近すぎてありがたみが分からなくなった良い例です。

2010.08.17(Tue) 07:39 | URL | EDIT

ぐりろたるぱ #79D/WHSg

2. ↑あれ・・


なんか語尾がヘン。
すみませぬ。

2010.08.17(Tue) 07:41 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:無題


>ぐりろたるぱさん
ベニシジミは北方系のチョウなんですよね。私にとっても小さい頃から見慣れたチョウで、見えない場所に引っ越したりしたらきっと懐かしくなると思います。

改めて見ると、本当にきれいなチョウですよね。

2010.08.17(Tue) 20:51 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑