ヨコヅナサシガメ

2008.05.27(Tue)

見つけたとき、一瞬「うそ!このへんにいたんだ!」と思ってびっくりしました。



   

(20080522 千葉市若葉区)


異様な姿のこの虫はヨコヅナサシガメです。2㎝以上もある、大型のサシガメなのです。サシガメというのはカメムシの仲間ですが、肉食で、口吻を獲物に突き刺して体液を吸うのです。間違ってこれに刺されると、人間でも非常に痛いそうです。



   

(20080522 千葉市若葉区)


上から見ると、脇腹の部分が広く張り出して黒白の縞になっている様子がわかります。東南アジアから中国まで広く分布していますが、日本に入ってきたのは意外と新しく、1920年代になってから船荷に紛れ込んで侵入したらしいのですが、90年代以降になってから関東に進出し、現在増加中・・・なのだそうです。私の子供の頃にはこんなの見たこともありませんでした。そんなわけで、いるのは知ってましたが自分の生活圏で実物を見たのは初めてです。何となく、漠然とした不安を感じてしまいます。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・カメムシ目

20:52 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑